楽器買取はお任せください。管楽器・弦楽器・打楽器などの買取りはお気軽にご相談ください!

クラリネット、オーボエ、オーボエダモーレ・イングリッシュホルン・リコーダー・ピッコロ、フルート、サックス、トランペット、トロンボーン、ホルン、ユーフォニアム、チューバなどの管楽器、チェロ、マンドリン、マンドラ、クラシックギター・ウクレレ・サイレントチェロ・バイオリンなどの弦楽器、マリンバなどの打楽器を買取しています! まずは、お気軽に無料の買取のお見積りからどうぞ! ♪簡単で便利な楽器の梱包材も無料でお送りいたします♪

全国から管楽器・弦楽器を買取り/送料無料

楽器買取りは、まずは無料の買取お見積りからお気軽にどうぞ!

全国から楽器・中古楽器を買取いたします

ご使用の予定の無い楽器はございませんか? 少々キズありでも、メッキが落ちていても買取できます。まずは ご相談くださいませ! 実績のある当店がお値打ち買い取り価格のお見積りいたします!

☆楽器査定・買い取り担当☆

買取している楽器の種類・メーカー・ブランド

当社で買取している楽器の種類をブランドごとに紹介しています。買い取り希望の楽器を選んでクリック(タップ)してみてください。

木管楽器の買い取り!

金管楽器の買い取り!

打楽器(マリンバ・ビブラフォン)の買い取り!

楽器情報(資料)・製造番号

管楽器・弦楽器の名称図

中古管楽器の買取はメンテナンス(調整・修理)できる当社へ!

自社で管楽器の メンテナンス を行っています。未調整・不具合の楽器も買い取りできます。 店頭持込は管楽器技術者が直接応対してアドバイスを兼ねて、ご満足価格で買取させていただきます。ホームページに記載以外の楽器でも買い取り可能です

☆管楽器の調整・修理料金表
☆買取楽器のメンテナンス
☆劇的ビフォーアフター

☆ドレミ楽器でよくある楽器買取のケース
☆吹奏楽部や楽団の廃部、学校の廃校の際の楽器買取

管楽器買取りキャンペーン

管楽器買取りキャンペーン

管楽器は下記ような状態でも買い取可能です!状態がよければ、さらに高価買取できます!

  • キーが動かない!ピストン・ロータリーが固まって動かない!動きが悪い!
  • スライドが抜けない!タンポが取れていて無い!管が少々へこんでいる!
  • 管体にサビ・メッキや塗装の剥がれ&変色がある!音が出ないなど!
  • 楽器の専門店&及びメンテナンス(修理・調整)できる店に高く売りたい!

あきらめていた方!とりあえず無料にてお見積りいたします! きっとご満足いただける金額をお出しいたします。 ご満足いただけましたらお申し込みくださいませ! ※一部対象外の場合もございます

買い取り価格をアップするためのお問い合わせ方法

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合は、楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態などわかる範囲で詳しくお知らせ下さい。高価買取のお見積もりができます

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

楽器買取地域

全国へ梱包材セット・着払い伝票・お申込書を無料でお送りしています

北海道 北海道全域(札幌市・小樽市・旭川市・室蘭市)
東北地方 青森県、岩手県、宮城県(仙台市)、秋田県、山形県、福島県
関東地方 東京都、神奈川県(横浜市)、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県
信越・北陸地方 新潟県、長野県、富山県、石川県(金沢市・松任市)、福井県
東海地方 愛知県(名古屋市、春日井市、岡崎市、豊田市、小牧市、あま市・北名古屋市・瀬戸市・刈谷市・安城市 豊明市・碧南市・岩倉市・稲沢市・一宮市・日進市・長久手市・みよし市・豊川市・田原市)、岐阜県、静岡県、三重県
近畿地方 大阪府、京都府、兵庫県(神戸市)、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国地方 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
四国地方 徳島県、香川県、高知県、愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

楽器買取お見積もりフォーム

中古楽器のお見積もり(査定)は下記フォームからどうぞ!

お見積り(買取査定)は無料です。下記フォームに必要事項を入力して送信してください! 48時間以内にお返事させていただきます。中古楽器買取の査定はメーカー、品番(器種)、楽器の製造年度(購入年度)、外装、楽器の状態がポイントです

買取方法を選択必須
必須
必須
品番はわかりますか?必須
(器種)必須
任意
任意
任意
任意
購入方法任意
楽器の状態任意
楽器の状況任意
保証書任意
楽器ケースの有無任意
連絡方法任意

※メールが送信できない場合などはお電話させていただきます
画像添付(なくてもOK)任意

画像添付の場合は画像サイズが大きい場合は送信できない場合があります。送信できない場合はサイズをご確認ください。画像サイズが600~800ピクセルですとスムーズに送信できます。
任意
必須
必須
年齢必須

※満20歳未満は当社指定の保護者同意書が必要です
任意
任意

※マンション・アパート名・部屋番号までご入力ください
必須
必須

※弊社からのメールが届かなかった場合に、ご確認のお電話を入れる場合があります。
らくらく梱包キット(梱包材)任意 買取成立の際に

送信前に確認していただきたいこと

※代金お支払いは楽器が到着後3営業日以内にお振込させていただきます
※お申し出の内容と異なる場合は、再見積もりになりますのでご了承ください
※ご提示価格がご納得のいく価格でない場合は当店の送料負担でご返品可能
※ドコモの携帯電話よりお問合せいただく場合、当社よりパソコンでメール回答させていただく場合に返信できない場合があります。(ドコモの携帯電話に着信拒否設定がしてある場合があります)

中古楽器買い取りについてのご案内

  1. 楽器買い取りは原則として提示価格でお願いしています。
  2. 中古楽器の買い取り価格は、需要と供給の関係です.見積もり有効2週間
  3. お問い合わせ時点で一番好条件の買い取り価格を提示(査定)しています
  4. 買い取りのご希望の場合はお申込書をお送りいたします(安心してお取引)
  5. ご希望の買い取り価格がある場合は、遠慮なくお知らせください
  6. 楽器によっては再見積もりで高価買い取りができる場合もあります
  7. 他店が当社より高い買取金額を提示した場合はお気軽にお知らせください

お送りいただいた楽器がお申し出の内容と異なる場合、古い楽器や傷・ヘコミ・さび・ハガレのある場合は、楽器を直接見てから再見積もりになることがあります。 再見積もりの価格にご納得でない場合、丁寧に梱包し弊社の送料負担でご返品いたします。モットーは「安心・安全な取引」です。

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取 ドレミ楽器 インスタグラムドレミ楽器のツイッター

上記ツイッターのロゴをクリックするとオークション出品のご案内が表示されます

中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

アコースティックギターのチェックポイント~

当社ではアコースティック中古ギターの買取を行う際に下記のチェックポイントを元に査定金額を算出しています。お手元のアコースティックギターやクラシックギターがいくらで買い取ってもらえるのかを調べるときの参考にしてみてください。

●弦高の寸法

12フレット上で1弦とフレットの間隔が3mm位(10円硬貨2枚)が目安
12フレット上で6弦とフレットの間隔が4mm位(10円硬貨3枚弱)が目安
ナット(0フレット)は1.2.3弦は1mm、4.5.6弦は1.2~1.5mm位が標準
正規のセッティング状態にする為にはナットサドルを調整すること

●材料われ

表面板の割れは一番重要な箇所です。塗膜に割れがなくても板だけが割れていることもあります。このような場合は光を通して、目の角度を変えることによって割れが確認できます。急激な乾燥による表面板が最も割れ易い箇所はサウンドホール上部の指板に近い部分です。割れの修理あとの少ない楽器が安全です。

●力木剥がれ

クラシックギターの内部は強度を確保する為、表面板、横板裏板、全て力木で補強されています。年月を重ねた楽器は、木材の温度・湿度により伸び縮みを繰り返している為、力木が剥がれていることが多くあります。横板、裏板、は力木と材質が異なり、収縮率や収縮の方向が違うことから力木剥がれが多い傾向があります。
力木の剥がれは振動音やビリツキで気付くことが多いです。力木剥がれは湿度変化が原因であることが多く、四季の格差が激しい場所ではそのリスクが大きいと言えます。力木剥がれは板割れと同時に発生することもあります。板割れがある楽器は力木もチェックすると良いでしょう。

力木(ちからぎ)のトラブルについて
英語でbracingと呼ばれる力木は、表面板、裏板のボディ内部側に張られている棒状の部分のことです。チェック方法ですが、表面板の場合は、弦を張った状態で真横から見て極端な歪みがないかどうか確認ください。裏板の場合は、スイカの熟れ具合を確かめるのと同様に、手の甲側の第二関節のあたりで軽く叩いてみてください。ベキベキと濁ったような異音がしたら、力木が剥がれている可能性があります。

●フレット磨耗

ある程度弾き込まれているギターはフレットの減りがあります。フレットが減っているギターは音がビビッたりします。音がビビるほどフレットが減っているギターは稀です。フレットは良く点検するのはポイントです。フレットが消耗しているギターは使用者がよく弾きこまれたギター、愛されたギターでもあります。修理すれば年季の入ったいい音で鳴ってくれます。

●フレット浮き

フレット浮きですは音のビビリを発生させます。弦高さの変化になります。

●ネックソリ

ネックの状態はギターの下部から(おしり)の方から見ると分かりやすいです。ネックのソリは重症です。ある程度なら許容範囲内で、後で調整できます。ネックを見る時は左右どちらからも(高音側、低音側)見るようにします。片方がよくても、もう片方が反っている(ねじれている状態)ものもあるからです。

●ペグの劣化

中古ギターで、ペグが曲がっていたり、一個なかったりするものは要注意です。ペグは後からも変えられますが、新しいペグは値段が張りますので考慮して選んでください。動きがちょっとしぶいくらいなら特に気にしなくてもいいですが、サビが中まで進行している場合は交換した方がいいでしょう。
表面板のゆがみ
表面板は弦の張力に耐えられるかどうかの判別でとても大事なチェックポイントです。最表面板のサウンドホールと駒の間が大きく沈み、駒の下が大きく膨らんでいる楽器は要注意です。表面板が薄い楽器によくある特徴です。

---管楽器解説---

●トランペット解説
トランペットはピストンバルブと呼ばれる機構を使って、管の長さを調整して音を変えます。管が長くなると音が低くなります。トランペットでは第1バルブを押すと1音低く、第2バルブを押すと半音低く、第3バルブを押すと1音半低くなる仕組みとなっています。トランペットの種類はB♭トランペットの他に、調子の違うC・E♭・Dやピッコロ・アルト・バストランペットなど音域ごとに分かれたものもあります。また、ホルンのようにロータリーバルブが付いたものをロータリートランペットと呼んでいます。ロータリートランペットは楽器の構えは楽器を横に寝かせて構えるように作られています。ピストンバルブに比べて音色が柔らかく、木管楽器や弦楽器にも溶け合う性質を持っています。トランペットは管長と機構によっても分類されている。

●コルネット解説

コルネットとは金管楽器です。語源はイタリア語でホルンを意味する corno に縮小語尾の -etto を付加したものです。形態はトランペットに似ていますが、伸ばした際の管の形状が大きく異なります。トランペットは管長の半分が円筒管、半分が円錐管であり、コルネットは2/3が円錐管です。 19世紀に発明されたピストンバルブをつけた「コルネット・ア・ピストン」(ピストン付きコルネット)から急速に開発が進み、2~3本のペリネ式のピストンバルブを標準装備した短管のラッパが出現してくると、1845年にアドルフ・サックスがサクソルンの特許を取得しました。以後、コルネットはサクソルン属の高音楽器として位置づけられるようになりました。主にB♭管とE♭管の2種類があり、B♭管のコルネットの音域はトランペットと同じです。E♭管は別名ソプラノ・コルネットとも呼ばれ、高音域でのきらびやかな音色を特徴とされています。

フリューゲルホルン解説
金管楽器の1種でありビューグル属の楽器である。外観はコルネットに似るが、より管の内径が太い。アドルフサックスによって考案されたサクソルと呼ばれる一群のうちの「ソプラノ」(あるいは、その改良されたもの)である。しかし、音楽史家の中には、異説を唱えるものもある。ミュンヘンのミヒャエル・サウワーレ (Michael Saurle) が1832年にバルブ付きのビューゲル(信号ラッパ)として発明したものが記録にある。時としてフリューゲルホーンとも呼ばれ、しばしばフリューゲルと略称される。「フリューゲル」(Flügel)はドイツ語で翼の意味である。一般に知られるものは、多くのトランペットやコルネットと同じ変ロ調のものであり、これはB(♭)(ベー)管と呼ばれるが、変ホ調のものも存在し、こちらはEs(エス)管と呼ばれる。音色は、トランペットやコルネットと比較して、より太く、一般に「より豊かで暗い」「甘美」と形容される。コルネットと同程度には機敏であるが、通常使用するマウスピースの深さから、高音域の演奏はより難しいとされている。

●トロンボーン解説

トロンボーンは他の金管楽器はピストンやキイを押さえ音を変えているのに対して、スライドを動かすことによって管の長さ自体を変化させて音の高さを変えています。トロンボーンにはピストンの楽器もあります。一般的にはスライドを伸ばしたり、縮めたりして、音程を変え、スライドを伸ばすと「低い音」、縮めると「高い音」が出ます。 音程が正確にとれることや、楽器の構造がシンプルであることから、トロンボーンによるハーモニーは非常に美しく、人間の声ともよくブレンドします。 スライドには暫定的なポジションが7つあり、スライドを動かしているだけでは、狭い音域しか出すことが出来ませんが、唇の振動を変えることによって、音域を増やします。 そうすることによって、一つのポジションで、たくさんの音を出すことが出来るのです。また、トロンボーンの得意技のひとつで、音を鳴らした状態でスライドを伸縮させると、「グリッサンド」という、独特な音を出すことができます。 中低音を担当することが多いのですが、音域は広く、スライドを使ったコミカルな表現などキャラクターも多彩なので、様々な場面で使用されています。 オーケストラでは音楽全体を支えるハーモニーの役割から、メロディまで幅広く活躍し、吹奏楽ではバンド全体を支え、その独特なサウンドで演奏に彩りを与えています。 ジャズでも活躍する場面は多く、スタンダードな3管編成のセクステットからビッグバンドまで欠かすことのできない、トランペットやサクソフォンと並ぶ重要な楽器です。

ユーフォニアム解説
ユーフォニアム(ユーフォニウムとも、英国: euphonium)は金管楽器の一種。一般的にB♭管で、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つのバルブ(弁)を持つ。音域はテナーやテナー・バスのトロンボーンとほぼ同じであるが、それよりも幾分か柔らかく丸みのある音色を奏でる。主な活躍の場は吹奏楽とファンファーレである。ユーフォニアムのマウスピースは多くのメーカーでカタログ上トロンボーンと共通に扱われているが、トロンボーンのものよりややカップの深い物が好まれる。 各国には、ユーフォニアムとほぼ同じ役割を担うものの、音色、形状、バルブシステムなどの異なる楽器が存在し、これら全てを統括したグローバルスタンダードな名称は、今のところ存在しない。従って、これらの楽器は、個々においてはその本来の名称を使い、日本において一纏めに呼ぶ必要がある時は、便宜上「ユーフォニアム」と呼ぶのが、今のところは妥当である。

●チューバ解説

大型の低音金管楽器である。金管楽器の中では最も、最も低い音域を担う。唇の振動によって生じた音を管体で共鳴させ朝顔(ベル)から放出するという基本構造は他の金管楽器と同様であるがフレンチホルンの全長を持つ管は長円状に幾重にも巻かれ、大型の朝顔は上部に開く。金属製の管は、迂回管や抜差し部分を除き、朝顔に向かって緩やかに広がる「円錐管」となっており、歌口を接続する「マウスパイプ」と呼ばれる部分は楽器の中程の高さに取り付けられる。音程を変えるための弁(バルブ)を持つが、これにはピストン式とロータリー式とがあり、その数は3つから7つまでと様々である。ピストン式の楽器には、楽器を構えた時に、弁が直立した(upright)状態になる「アップライト型」(通称「縦バス」)と、弁が横倒しになり楽器の前面で操作を行う「フロント・アクション」(front-action)とがある。ロータリー式の弁を備えた楽器は全て前面操作となり、また、基本構造は前面操作のピストン式であっても1つないしは2つの追加のロータリー式の弁を備えるものもある。迂回管部やマウスピース直後の下向きにU字状になった部分には結露水がたまりやすいため、水抜き用のバルブ機構や抜差し管を使い排出を行う。

●ホルン解説
ホルンは「角」の意味を持った言葉であるが、古くから角笛を意味してもいた。現在ではホルンとは、一般にはフレンチホルンを指すことが多い。フレンチ・ホルン(英語:french horn)はカタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持つ。ヘ調と変ロ調の調性を持った楽器があり、それぞれF管、B♭管と呼ばれるが、一般的には、それらを一つに組み合わせ「切換バルブ」と呼ばれる特殊なバルブで切り換えられるものが多用される。単一の調性の楽器をシングル・ホルン、2つの調性を持つものをダブル・ホルンと言って区別するが、ダブル・ホルンに一般的なヘ調より1オクターブ高い「ハイF」などを追加したトリプル・ホルンと呼ばれるものも存在する。

●サックス(サクソフォン)解説
サクソフォンは、ベルギーのアドルフ・サックスによって木管楽器の機動性と金管楽器の力強く大きな音を融合させる目的で発明され、1846年にパリで特許が取得された楽器です。 発音原理はクラリネットと同じ1枚のリードを使用するシングルリードのため、管体は金属製ですが木管楽器として分類されています。他の管楽器に比べ歴史が浅いためオーケストラではラヴェルのボレロやビゼーのアルルの女などあまり使用されることはありませんがジャズや吹奏楽では欠かすことのできない楽器になっています。

ファゴット(バスーン)解説
ファゴット(バスーン)の明確な成り立ちは不明ですが、16~7世紀に演奏されていたショーム、ドゥルシアン、ランケット、ソルドゥン等が進化して誕生したと考えられています。 18~9世紀になると4鍵、6鍵、8鍵と徐々に改良が進められ、19世紀後半に現在多く使用されているファゴット(バスーン)の原型となるヘッケル式(ドイツ式)が製作されました。現在、日本ではファゴット(ドイツ語)やバスーン(英語)といった場合ヘッケル式(ドイツ式)のものを意味しますが、フランス式のものもありそれらはフランス語のバソンと呼ばれることが多いです、ヘッケル式(ドイツ式)が一般的に楓でできていてキィの数が多いのに対しフランス式は紫檀で作られることが多くキィの数が少ないので、甲高いファゴット(バスーン)とは異なった独特の音色が特徴です。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ