ヤマハギター買取します。ヤマハGCシリーズ・ガットギター・クラシックギター・フォークギター買い取りします。

ヤマハギター 買取り

ヤマハギター 買取

ヤマハギター買取・お見積りについて!

  • ヘコミ、キズ、ネックのソリ、外装のわれなどお知らせください
  • ヤマハクラシックギターの付属品はケース付でお願いします
  • 購入年度と楽器の品番(器種)は買取のお見積もりで重要です

ヤマハクラシックギター 見積りのポイント

ヤマハクラシックギターは品番、製造年、外装、使用状況で判断して買取のお見積もりをしています。(写真は茶位ギター)

ヤマハクラシックギターのロゴ

■ギターのラベル
ラベルの内容をお知らせください

ヤマハクラシックギターのシリアル番号

■シリアル番号
ラベルにはメーカー名、品番、シリアル番号が記載

ヤマハクラシックギターのメンテナンス

■外装・楽器状態
傷、われ、ひび、ネックのソリ、糸巻きの状態

クラシックギターについて・・・。

クラシックギターとは、ガット、ナイロン、フロロカーボンなどの弦が張られたギターです。スパニッシュ・ギター、ガット・ギターとも呼ばれる。標準的には、6本の弦と19のフレットを持ち、一般的には、6弦側からE2・A2・D3・G3・B3・E4に調弦され、音域はE2~B5となる。ただし、弦の本数やフレットの数などは多種多様であり、低音弦を1本足し、最低音をB1とする7弦ギター、あるいは更に弦の本数を増やした10弦ギター、フレットの数を20として、最高音をC6にしたものなどがある。一般的なギターのヘッドストックは片側3つの糸巻きを持つスロテッド・ヘッドが採用される。ただしソリッド・ボディのエレクトリック・ガット・ギターの中には片側6つの糸巻きのヘッドストックも存在する。 特に高級機種のクラシックギターになるとこの金属製の糸巻きにも精巧な芸術的細工が施される。ネックは基本的にはマホガニーなどの木材を用いる。ネックは基本的にはマホガニーなどの木材を用いる。

クラシックギターはエレクトリック・ギターやスティール弦のアコースティック・ギターとは異なり、殆どの場合トラスロッド入っていない。クラシックギターはテンションが弱いナイロン弦を使用するため、ネック反りそのものが少ないという理由でトラスロッドはありません。

指板は黒檀や紫檀用いるのが一般的である。フレット数は他のギターに比べると少なく、19フレットまでのものが大半である。ボディとの接続は12フレット位置が大半だが、近年のポピュラー音楽用モデルでは、スチール弦アコースティックギターで一般的な14フレット位置接続を採用したものも見られる。 ネック幅は、アコースティック、エレキギターに比べても格段と広く、ギターの中でも最も幅が広い。これは、クラシックギターそのものが伴奏ではなく、主にソロ向きに特化されているためである。

ボディの素材は木材で、ボディトップはスプルースやレッド・シダー、サイドとバックは紫檀が使用される。高級機種になるとサイド・バックにはワシントン条約で規制がかかっているハカランダが重宝される。ストラップを装着するためのエンド・ピンなどは無いのが一般的である。スプルースは硬質でエッジの効いた、シダーが甘美な音色の傾向をもつ。上級機種である程、トップ・バック・サイドとも一枚板を使用する傾向があります。

買取している主なヤマハクラシックギター GCシリーズ

ドレミ楽器で買取している主なヤマハクラシックギター GCシリーズについて紹介しています。掲載以外の品番も買取できますのでお気軽にご相談ください。

ヤマハギター GCシリーズ

スペインの伝統的製作技術とヤマハ技術陣による研究の成果がすべて注ぎ込まれ、厳選した材を用いて1本1本魂を込めて作りこまれた珠玉のギター

GC82S

スペインの製作家サントス・エルミナンデスやドイツの製作家ハウザーⅠ世による音色を参考に、新しいサウンドを追求したモデルで、豊かな低音と明るい高音が特長で、抜群の遠達性を実現しています。

GC82C

スペインの製作家マヌエル・ラミレスの音を参考に、オリジナルサウンドを実現し、甘く明るく柔らかい音色が特長で、豊かな音量と優れたレスポンスを実現しています。

GC42S

側板・裏板にマダガスカルローズを採用し、表板スプルースの『GC42S』と杉の『GC42C』とでそれぞれの特性に合わせ響棒配置を見直しています。太く伸びやかで潤いのある音により、表現力の高い演奏を可能にします

GC42C

側板・裏板にマダガスカルローズを採用し、表板スプルースの『GC42S』と杉の『GC42C』とでそれぞれの特性に合わせ響棒配置を見直しています。太く伸びやかで潤いのある音により、表現力の高い演奏を可能にします。

GC70

厳選したドイツ松単板を表板に用い、スペインの伝統的製作技術をベースに作り上げた、ヤマハ・オリジナルサウンドの松材の頂点モデルです。スペインの香り漂う、透明感のある繊細な音色が、表情豊かな演奏を可能にします。※受注生産品

GC70C

厳選した米杉単板を表板に用いた、GC-70の米杉モデルです。ヤマハ・オリジナルサウンドの米杉材の頂点モデルとして、甘く明るい暖かな音色が特徴です。セゴビアの10本のコレクションの1つにも加えられました。優れたレスポンスと豊かな音量が、ダイナミックな表現を可能にします。※受注生産品

GC71

S.エルナンデスとハウザー1世の音色を、ヤマハの設計・製作技法で昇華させたユニークなアプローチのモデルです。重量感のある低音と太く伸びる高音を実現し、アンドレス・セゴビアも絶賛。遠達性に優れ、コンサートホールでもあなたの演奏を際立たせます。※受注生産品

FCX-STD

名実ともに国内No.1フラメンコギタリストの沖仁氏が愛用しているモデルと同仕様です。本格的なフラメンコギターに、ピックアップを搭載。沖仁氏の求めるピエゾとコンデンサーマイクの組合せにより、ナチュラルなサウンドをそのままアウトプットします。

FC50

エドアルド・フェレールの指導をベースに、本場スペインのシープレス単板を採用しました。スペイン的で明るい音色と、明確な歯切れの良さで、速弾きやコード奏法を満喫いただけるギターです。※受注生産品

GCX31C

グランドコンサートシリーズGC31をベースにした、ハイクラスなサウンドを持つエレガットです。カッタウェイボディの高い演奏性とピエゾピックアップ+コンデンサーマイクによるナチュラルなサウンドが魅力です。

その他品番

CG32S,CG32C,CG22S,CG22C、CG12S,CG12C,GC60,GC61,GC62.GC50,GC50C,GC41,GC41C.GC21C

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、接着テープ、着払い伝票、割れ物注意シールとです
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪ お待ちいたしております
  • お電話によるお問い合わせも大歓迎!0120-053-215

▼楽器買取のドレミ楽器はお見積り無料!

楽器の買い取り 無料お見積り

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ