パックスマンホルン買取します。paxman horn・フレンチホルンを全国から買い取りします!

パックスマンホルン 買取

パックスマンホルン 買取

どんな状態のパックスマンホルンでも買い取りできますか?

当社では管楽器メンテナンス技術者がいますので、修理可能な範囲で故障しているホルンは買取出来ます。楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりさせていただきます。

  • ホルンの外装(金属部分)に錆がある。全体的に汚れがある
  • 管体にへこみや傷があるパックスマンホルン買取できます
  • 外装部分にラッカーハガレ、鍍金の浮きがあり表面がブツブツしている
  • ホルンのピストン部分の動きが悪い、ロータリーが固着して動かない
  • 楽器ケースまたはマウスピースがないパックスマンホルトン買取可能

パックスマンホルン 見積りのポイント

パックスマンホルンは品番、シリアル番号、外装、使用状況で判断して買い取りのお見積もりを実施しています!

パックスマンホルンのロゴ

■品番の刻印
ロゴの刻印場所

パックスマンホルンのシリアル番号

■シリアル番号

パックスマンホルンのメンテナンス

■外装・楽器状態
さび、傷、へこみの状態

パックスマン社

1985年に亡くなるまで戦後のパックスマンホルンの設計を担当したリチャード・ミアウィザーと名工ロバート・パックスマン。この優れた二人のコ ンビは世界のホルン奏者のあいだで伝説的な存在だった。イギリスのホルンメーカー、パックスマン社は、世界のホルンメーカーの中でも独自の地歩を築いてきた。創業は今世紀のはじめ、ハリー・パックスマンによるとされているが、戦後の1945年ごろから有能な技術者だったロバート・パックスマンがホルンを本格的に制作しだした。 1959年新しい設計のもとに最初のシングルfデスカントホルンを制作した(すでにブレインはこの世にいなかった!)。この楽器はプレイヤーたちから高く評価され、この成功に気をよくした二人は同年、F/ハイf、続いてBb/ハイfのダブルデスカントホルンを開発した。

ホルンについて・・・

ホルンは「角」の意味を持った言葉であるが、古くから角笛を意味してもいた。現在ではホルンとは、一般にはフレンチホルンを指すことが多い。フレンチ・ホルン(英語:french horn)はカタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持つ。ヘ調と変ロ調の調性を持った楽器があり、それぞれF管、B♭管と呼ばれるが、一般的には、それらを一つに組み合わせ「切換バルブ」と呼ばれる特殊なバルブで切り換えられるものが多用される。単一の調性の楽器をシングル・ホルン、2つの調性を持つものをダブル・ホルンと言って区別するが、ダブル・ホルンに一般的なヘ調より1オクターブ高い「ハイF」などを追加したトリプル・ホルンと呼ばれるものも存在する。

ホルンのお手入れ基本

ホルン・チューバなどロータリー部分にはそれぞれの目的に応じて「ローターオイル」「ロータースピンドルオイル」「レバーオイル」の3種類のオイルを使い分けます。また、抜差部にはスライドグリスを使用します。(スライドクリームではありません)

演奏前にはローターへの注油:抜差管を抜いてローターオイルをローターに注油しましょう。 抜差管を抜くときは必ずレバーを押しながら抜きます。抜差管内側についているグリスや汚れとオイルが混ざるのを防ぐため、注油口先端が抜差管外管内側に直接当たらないように差し込みます。注油口先端は金属でできていますのでローターに直接当たらないように注意深く差し込みましょう。オイルが全体にゆきわたるようにレバーを動かしてください。

演奏後には管内の水分を抜く:抜差管を抜いて水分を出しましょう。演奏前と同じようにローターに注油してください。楽器の表面をポリシングクロスで軽くふきましょう。汚れや変色が目立つ場合は、次項の手入れ用品をお使いください


ホルン点検ポイント(名称図&メンテナンス)はコチラ


楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方に、らくらく梱包セットを無償でご提供しております!
  • 楽器梱包のプチプチ、接着テープ、着払伝票、割れ物注意シール
  • まずはお気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪
  • お電話によるお問い合わせも大歓迎!0120-053-215

▼楽器買取のドレミ楽器はお見積り無料!

楽器の買い取り 無料お見積り

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

予約承ります 特選中古管楽器販売 中古の管楽器を調整・修理などのメンテナンスをして新品同様の演奏ができるようにしてあります。お値打ち販売です。(保証付)

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ