サックス・サクソフォンの調整・修理のメンテナンスをいたします!サックスを全国より宅急便で買取します

サックス・サクソフォンの調整・修理

管本体について

・凹み・大きな目立つ傷はないか
・ラッカーのはがれ・変色・浮きはない
・ラッカーのはがれによるサビ
・ラッカー下のサビはないか
・ベル・キイガード・ネック部分が曲がり
・キイガードを止めているネジ
・ネック締めネジはあるか

キイ部分について

・不自然な方向に曲がっている部分はないか
・キイに付いている押し貝はあるか
・キイの付いている土台部分がはがれ確認
・動かない箇所はないか

ネックジョイント部分について

・ジョイント部分が曲がっていたり、凹み確認
・組んだ場合にとても堅い又は緩くはないか
・ネックコルクの欠損、固くなっていないか

タンポについて

・タンポ表面に破れ
・トーンホールの跡が黒く(または緑錆)付着
・タンポ自体が無くなっていないか
・タンポの中心にある部品が取れていないか

ホルンメンテナンスのようす1
ホルンメンテナンスのようす2
サックスのパーツ名称

サックスの調整・修理料金の目安

サックスの調整・リペアー・メンテナンスの目安となる料金表をまとめました。サックスメンテナンスの相場感をつかんでいただけるかと思います。ドレミ楽器では自社でメンテナンスも行っていますので、お気軽にご相談ください。2018年4月1日現在

ソプラノサックス 部品交換 料金目安

タンポ交換 1,500
全タンポ交換 45,000
キーコルク・フエルト交換 380
ネックコルク交換 2,250
バネ交換バネ交換 1,130

ソプラノサックス キー部品 料金目安

全体バランス 調節ねじ有 4,500
全体バランス 調節ねじ 6,750
キー曲がり・動作修正 2,250
キーガタ修正 2,250

ソプラノサックス 管体部分 料金目安

(嵌合)ジョイント修正 2,250
管体へこみ修正 4,500

ソプラノサックス その他・清掃 料金目安

ハンダ付け 2,250
分解掃除・注油 4,500
全体手磨き 13,500

アルトサックス 部品交換 料金目安

タンポ交換 1,600
全タンポ交換 49,500
キーコルク・フエルト交換 380
ネックコルク交換 2,250
バネ交換バネ交換 1,130

アルトサックス キー部品 料金目安

全体バランス 調節ねじ有 4,500
全体バランス 調節ねじ 6,750
キー曲がり・動作修正 2,250
キーガタ修正 2,250

アルトサックス 管体部分 料金目安

(嵌合)ジョイント修正 2,250
管体へこみ修正 4,500

アルトサックス その他・清掃 料金目安

ハンダ付け 2,250
分解掃除・注油 4,500
全体手磨き 13,500

テナーサックス 部品交換 料金目安

タンポ交換 1,700
全タンポ交換 54,000
キーコルク・フエルト交換 380
ネックコルク交換 2,250
バネ交換バネ交換 1,130

テナーサックス キー部品 料金目安

全体バランス 調節ねじ有 4,500
全体バランス 調節ねじ 6,750
キー曲がり・動作修正 2,250
キーガタ修正 2,250

テナーサックス 管体部分 料金目安

(嵌合)ジョイント修正 2,250
管体へこみ修正 4,500

テナーサックス その他・清掃 料金目安

ハンダ付け 2,250
分解掃除・注油 6,750
全体手磨き 16,500

バリトンサックス 部品交換 料金目安

タンポ交換 1,800
全タンポ交換 72,000
キーコルク・フエルト交換 380
ネックコルク交換 2,250
バネ交換バネ交換 1,130

バリトンサックス キー部品 料金目安

全体バランス 調節ねじ有 6,000
全体バランス 調節ねじ 8,250
キー曲がり・動作修正 2,250
キーガタ修正 2,250

バリトンサックス 管体部分 料金目安

(嵌合)ジョイント修正 2,250
管体へこみ修正 4,500

バリトンサックス その他・清掃 料金目安

ハンダ付け 2,250
分解掃除・注油 8,250
全体手磨き 18,000
  • 価格は税抜きです。
  • 全タンポ交換にはバランス調整が含まれます。
  • 部品交換には材料費も含まれています。(特殊タンポには別途)
  • 全消耗部品交換とは、タンポ・フェルト・コルクが含まれます。
  • 料金は目安です。状態により前後する場合がございます。

サックスのメンテナンスのお知らせ事項

  • サックスが届きましたら修理お見積もりをさせていただきます
  • 修理料金は当社の料金表は目安とお考えください
  • 調整・修理の納期は2~4週間かかる場合もあります
  • 管体の凹み、われ、腐食、ゆがみなど修理できない場合も有ります
  • 特殊なご希望の場合プロ演奏家には対応できないこともあります
  • 出張修理は行っておりませんので店頭までお持ちくださいませ
  • 修理のご依頼はできる限り事前に詳しくお知らせくださいませ

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

買取の場合:らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、接着テープ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪ お待ちいたしております
  • お電話によるお問い合わせも大歓迎!0120-053-215

▼楽器買取のドレミ楽器はお見積り無料!

楽器の買い取り 無料お見積り

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

●ソプラノサックス
ソプラノサックスの調性は変ロ(B♭)調でアルトよりも完全5度高いし実音は記譜より2度低い。また、テナーと同じ調性であるため、ジャズなどではテナー奏者が持ち替えて演奏することが多い。形状としてはネックからベルまで円錐状の直管(ストレート)である。柳澤管楽器がカーブドネック(少しカーブしている)の楽器を発売してから、音色の柔らかさも手伝いカーブドネックも一般的になってきた。また両方の特性を1本の楽器で補う為、アルト以下と同様にネック部分の分割を採用し、ストレートとカーブドのネックを付け替え式にしたものもある(デタッチャブルネック)。カーブドソプラノと称するアルトサクソフォーン同様全体が曲管である楽器や、サクセロと称したベル部だけが正面を向いた楽器も存在する。

●アルトサックス
アルトサックスの調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より長6度低い。ソプラノと比較してネックが大きく曲がり、本体も途中で折り返した構造となっている(ごく稀にネック部以外がほぼ直管の「ストレートアルト」も存在するが、一般的ではない)。サクソフォーンと言えばこの構造がイメージされることも多く、サクソフォーンの中で最も標準的な楽器といえる。クラシカルサクソフォーンのための独奏曲、協奏曲はほとんどがアルトサクソフォーンのために書かれている。また、ビッグバンドのサクソフォーンセクションはアルトがセクションリーダーを務め、主旋律を奏でることが一般的である。

●テナーサックス
テナーサックスの調性は変ロ(B♭)調でアルトサックスより完全4度低い音域である。アルトと比較してネックや本体が長く管の曲がりが大きいが、基本的な構造はアルトに類似している(アルト同様、ごく稀にネック部以外がほぼ直管の向いた「ストレートテナー」も存在するが、やはり一般的ではない)。 アルトの次によく使われる楽器で、演奏者も多い。男性的かつ豪快な音色を持つことから、ジャズ、ポピュラーミュージックでは幅広いジャンルでソロ楽器としても重用されている。

●バリトンサックス
バリトンサックスの調性は変ホ(E♭)調でアルトよりも1オクターヴ低い。アルト・テナーと比べるとネック近くの本体に折り返しが設けられているなどの構造上の差異が見られる。座位で演奏した際に楽器本体が床に大きく接近してしまうため、ベルの折り返し部分に1脚が組み込まれているものも存在する。主に吹奏楽ではサクソフォーン及び木管セクションのバス声部を担当するほか、ビッグバンドでは低声部を担当する。クラシカルサクソフォーンに於いてはアンサンブル楽器としての性格が強いが、最近ではバリトンをソロ楽器として演奏するプレイヤーも出てきている。 管楽器で一般にバリトンホルンと区別するために「バリサックス」(Bari Sax)と表現されることがある。また、日本では一般的に「バリサク」という俗称で呼ばれています。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ