クラリネットB♭買取・E♭エスクラリネット・バスクラリネットを全国より宅配便で買取します

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり
クラリネットを高く買ってもらえる条件

クラリネット買取-クラリネットを高く買ってもらう条件とポイント

どんな状態のクラリネットでも買い取りできますか?

当社ではクラリネットをメンテナンスしていますので、修理可能な範囲で故障している楽器は買取出来ます。クラリネットの状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりさせていただきます。クラリネットの買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケースがあったのかをまとめているのがこちらのページです

  • ソプラニーノE♭・ソプラノB♭・アルト・バスクラリネット買取します
  • 管体の外装(金属部分)に錆があるクラリネットも買取できます
  • へこみや傷や管体のひび&割れがあるクラリネットも買取可能
  • 外装部分の金属さび、鍍金の浮きがあるクラリネット買取り可能
  • クラリネットのキー部分の動きが悪い未調整楽器も買取り可能
  • タンポが敗れて音が出にくい未調整クラリネットも買い取りできます
  • 付属品のマウスピース、リガチャー、キャップがない場合もOK
  • クラリネットのメーカー&品番、製造年度が不明な楽器も買取OK

クラリネット買取のお見積もりポイント

クラリネットはメーカー品番、製造年、外装、使用状況で判断して買取のお見積もりを実施します

クラリネットのロゴ

■品番刻印
丸い金具部分

クラリネットのシリアル番号

■シリアル番号
上管部分の刻印

クラリネットのメンテナンス

■外装状態
さび、傷、割れ、凹み

買取している主なソプラノクラリネットメーカー

ドレミ楽器で買取している主なソプラノクラリネットメーカーについて紹介しています。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください。


●ビュッフェ・クランポンクラリネット買取

品番: C-13,E-13,E12,E11,B-20,B-10,R-13,RC,トスカ,フェスティバル,ビンテージ,プレステージ  Buffet Crampon(France)Prestige,Festival,Tosca,Vintage

●セルマークラリネット買取

品番: ソプランA,ソプラノB♭、オデッセイ、アルティア、サンルイ、レシタル、シグネチアー Selmer Paris(France)バスB♭,Privirege

●ヤマハクラリネット買取
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている。
品番: ハーモニー、カスタム、Vマスター、イディアル、エーラーシステム、ドイツベーム・ YCL-250,YCL-450,YCL-650,YCL-681,YCL852,YCL-853,
ルブランクラリネット買取
品番: ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、バス、バセットクラリネット Leblanc(France)
オットマールハンマーシュミットクラリネット買取
品番: ボエム、OH460、OH560、エーラー、OH-160、OH-240、OH330 O.Hammersshmidt(Austria)、バセットクラリネット:OH700、バセットホーン:OH800、バス:oh820,OH840
シュインク・セゲルケクラリネット買取
品番: Model1000,Model2000w,Model3000,SCHWENK&SEGGELKE
アマティクラリネット買取
品番: ACL261S,ACL601,ACL351S,ACL682S,ACL-691S,ACL692S

●パトリコラクラリネット買取

品番: CL1special,CL2VIRTUOSO,CL3,CL4,CL5.CL7(S)SPECIAL fratelli patricola

アルトクラリネット・コントラクラリネット買い取り

ドレミ楽器で買取している主なアルトクラリネット・コントラクラリネットメーカーです。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください。

●アマティアルトクラリネット買い取り 
品番
: ACL682s

オットー・ハンマーシュミットアルトクラリネット買取
品番
: バセットクラリネット、バセットホーン
ルブランアルトクラリネット買取 
品番
: L7156、コントラアルトクラリネットL7181
H・ヴァーリッツアーアルトクラリネット買取 
品番
: 184、baseset Clarinet
セルマーアルトクラリネット買取 
品番
: 19A、バセット20
ビュッフェ・クランポンアルトクラリネット買取 
品番: Prestige、バセットホーン/Buffet Alto Crampon
ヤマハアルトクラリネット買取 
品番: YCL-631Ⅱ

バスクラリネット買取 (各メーカー)

ドレミ楽器で買取している主なバスクラリネットメーカーです。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください。


アマティバスクラリネット買取
品番
: ACL691S,ACL-692S
オットー・ハンマーシュミットバスクラリネット買取
品番
: OH820,OH840
ルブランバスクラリネッ買取
品番: 160S, コントラバスL7182
H・ヴァーリッツアーバスクラリネット買取
品番
: エーラーバス176 ,改良ボエムバス195
セルマー・パリ バスクラリネット買取 
品番
: バスB♭プリヴィレッジ、コントラバス2BB♭
ビュッフェ クランポンバスクラリネット買取 
品番
: バスB♭プレステージ Prestige
ヤマハバスクラリネット買取 
品番
: YCL-621Ⅱ、YCL-622Ⅱ、YCL-22Ⅱ

ソプラニーノクラリネット買取・Sクラリネット買取

ドレミ楽器で買取している主なソプラニーノクラリネットメーカーです。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください

●アマティソプラニーノクラリネット買取
品番
: ACL261,ACL-361S
●オットー・ハンマーシュミットE♭クラリネット買取 (エスクラリネット)
品番
: OH160
●H・ヴァーリッツアーE♭クラリネット買取(エスクラリネット)
品番
: 119,120
●セルマーソプラニーノクラリネット買取(Sクラリネット)
品番
: レシタル
●ビュッフェ クランポンE♭クラリネット買取 (Sクラリネット)
品番
: Tosca,Prestige,RC,E11
●ヤマハE♭クラリネット買取(Sクラリネット)
品番
: YCL-681Ⅱ、YCL-631Ⅱ、YCL-881

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、接着テープ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • お気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪ !お待ちいたしております

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

楽器を手放すタイミング

ドレミ楽器が実際に楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)があったのかをまとめています

中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

●クラリネットとは・・・。
クラリネットは民族楽器のメメー、アルグール、ズマーラ、ラウネッダスなどが進化したシャリュモーが祖先だといわれています。そのシャリュモーに1700年頃にJ.C.デンナーがキィを取り付けたことによってクラリネットが誕生しました。その後キィの数は増やされていき1810年頃ドイツのI.ミュラーが13個のキィを持ち半音階の演奏が可能なクラリネットを発明しました、それが現在のドイツ式(エーラー、ウィーン)の基礎となっています。フランスではH.E.クローゼとL.A.ビュッフェがテオバルト・ベームの発明したキィシステムを応用し現在広く使われているベーム式のクラリネットを完成させました.

●クラリネットの取り扱い

管体のキイを強くにぎってしまうとキイが曲がりバランスを崩す恐れがあります。キイに負担がかからないところを持って組み立てましょう。ジョイント部は肉厚が薄いため無理に組み立てると割れや折れる危険性があります。クラリネットの管体はグラナディラという木が主流です。木管楽器は気温や湿度により木が膨張したり収縮したりしますので、管体の接続はコルクグリスをぬって組み立ててください。それでもジョイントの接続がきつい場合はジョイントのコルク調整が必要になります。クラリネットの上管と下管の組み立ては特に重要ですから注意深く行ってください。上管のリングキイを押した状態にし、キイコルクが剥がれたりキイが曲がったりしないように注意して組み立てます。下管のリングキイとの連結部は、いつも同じ場所に合わせましょう。次にクラリネットの置き方ですが演奏後はトーンホール(音孔)に水がたまりやすくなっていますので、必ずスワブを通してクリーニングペーパーで水分をとってから置きましょう

●クラリネットB♭管
総合的に優れた機能を持つB♭管が一般的で、ソロやオーケストラはもちろん、吹奏楽では大活躍します

●クラリネットA管
A管はオーケストラでは絶対に必要な楽器で、またこの楽器のために書かれたソロや室内楽曲もたくさんあります。吹奏楽ではまれに用いられるのみです。 やや暗く深い音、柔らかな響きを持ち、モ-ツァルトの協奏曲などに用いられます。
指使いはB♭管と同じで、マウスピースも同じものが使用できます

●クラリネットE(エスクラ)
B♭管より完全4度高く、高音なため音程をとるのが難しい楽器です。B♭管ほどの表情の幅はありませんが、明るくシャープな音を持ち、ソロでは劇的な効果や感情の高ぶりを表し、合奏では音色に幅を与えます。吹奏楽、オーケストラ共に良く用いられます。
アルト(E♭管): エスクラより1オクターブ低く、編成の大きい吹奏楽でB♭管の低音補強として多く使われます。深く落ち着いた音色です。 バス B♭クラリネットより1オクターブ低い楽器です。低音域は強力な響きを持ち、同じ音域のファゴットより強弱が自由なため、大編成の吹奏楽では木管楽器全体を支える役割です

●クランポンクラリネット Green Line・・・カタログより抜粋掲載
歴史が裏付ける伝統のテクノロジー,世界が認めて先進のイノヴェーション
オーボエやクラリネットにとっての革新的新素材の”グリーンライン”は1839年にベーム式クラリネット自体を開発したビュウフェクランポンの手によって,1994年に市場に紹介されました。”グリーンライン”の主成分はグレナディラ材そのものです。この新素材はブッフェクランポン社自身の工場で生産されており、旧来の方法では利用できなかった部位の木材をパウダー状に粉砕し、特殊な製法で圧縮することにより、天然の木材と同様に加工できる新しい素材として生まれ変わらせています

ビュッフェ・クランポン社創業
1825年、フランスの“弦楽器製作者”デニス・ビュッフェ=オージェが、パリのまさに中心地に工房創立しました。彼は、独自に開発した優れた13キーのクラリネットにより、音楽界において急速にその名を馳せました。当時、クラリネットは完全にハンドメイドだったため、製作には豊富な経験と技量が要求されました。 1830年、デニス・ビュッフェの息子ジャン=ルイが家業を継ぎました。そして、ゾエ・クランポンと結婚した1836年に、世界のブランドとなるビュッフェ・クランポンを思いつきました。現在の形のロゴが使われだしたのは1844年です。

2003年
、ブージー&ホークスはフランス楽器産業の精華をザ・ミュージック・グループに譲渡します。そして2005年、ビュッフェ・クランポンはポール・バロナ社長の イニシアティヴの下で独立を取り戻します。音楽家達への寄与とブランドの保護に乗り出した中心人物です。2006年、ビュッフェ・クランポンは金管楽器の二大ブランド、 アントワンヌ・クルトワ・パリとベッソンを取得します。 創業当初から、比類ないノーハウと尽きることのない創造力によって、ビュッフェ・ クランポンはクラリネット・メーカーのトップに位置づけられています。その評価は オーボー、バスーンなど、同じブランドの他の楽器にまで及んでいます。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ