フリューゲルホルン買取します。ゲッツエン、コーン、ヤマハ、クルトワ、バック、ストンビフリューゲルホルンを全国から買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

フリューゲルホルン買取

どんな状態のフリューゲルホルンでも買い取りできますか!

当社ではフリューゲルホルンのメンテナンス技術者がいますので、修理可能な範囲で故障している楽器は買取出来ます。楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりさせていただきます。

  • 外装に錆がある。全体的に汚れがあるフリューゲルホルン
  • 管体にへこみや傷があるフリューゲルホルン買取します
  • ラッカーハガレ、鍍金の浮きがあり表面がブツブツしている
  • ピストン部分の動きが悪い、スライドが固着して動かない
  • 付属品のケースまたはマウスピースがないフリューゲルホルン
  • メーカー&品番、製造年度が不明なフリューゲルホルン買取

 

フリューゲルの売却で買い取り価格に納得出来る資料

フリューゲルを高く買ってもらう為に売却要件を知ることで理解できます
フリューゲルを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

フリューゲルの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
フリューゲルを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など

フリューゲルホルン買取の見積りポイント

フリューゲルホルンは品番、シリアル番号、外装、使用状況で判断して買取のお見積もりを実施しています。

フリューゲルホルンのロゴ

■品番の刻印
ベル部分の刻印

フリューゲルホルンのシリアル番号

■シリアル番号
ピストン部分の刻印

フリューゲルホルンのメンテナンス

■外装・楽器の状態
さび、傷、凹み・固着

買取している主なフリューゲルホルンメーカー

ドレミ楽器で買取している主なフリューゲルホルンメーカーについて紹介しています。掲載以外のメーカーも買取できますのでお気軽にご相談ください。

バックフリューゲルホルン買取

1918年にトランペット奏者ヴィンセント・バック(ウィーン1890-1976)により設立されたが、1961年にセルマーUSAに買収されて辞任した。設立初期はマウスピースを手がけていたが、その後トランペットを製造。この数年間でヴィンセント・バック社はアポロ (Apollo) 、ミネルバ (Minerva) 、マーキュリー (Mercury) 、メルセデス (Mercedes) 、ストラディバリウス (Stradivarius) などのブランド名で金管楽器のトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーンを製造した。 品番 bach flugelhorn183

エックス・オーフリューゲルホルン買取

品番:HD-S、HD-GB、HD-GBS

ゲッツェンフリューゲルホルン買取

1939年にゲッツェン社は管楽器専門メーカーとして設立。1963年の工場火災により、それ以前のシリアルナンバー履歴を焼失している。1991年最新設備とともに新しいコンセプトによる金管楽器(エドワーズ製品等)の研究開発をめざし、ロバート・ゲッツェン(現会長)が創設者であるアライド社との結び付きにより、更なる円熟と発展を遂げている。 品番:896S、895TS、595TS

アントワンヌ・クルトワフリューゲルホルン買取

Antoine Courtois(アントワンヌ・クルトワ/旧称:コルトワ)は、1789年から続いてきた父のワークショップを引き継ぎ、1803年に会社として創業。コルネット、トランペットやトロンボーンの生産に乗り出し、以後6代も世代交代しながら色々な楽器を製作し、フランスのみならずヨーロッパ全域に金管総合メーカーとしてその名が知れ渡った。1994年クルトワ社はドイツ資本に移ったが、2006年ビュッフェ・クランポン社により再びフランス籍に戻っている。 品番: 154、155、156、157 、レファリンス:AC159R

コーンフリューゲルホルン買取

金管楽器奏者の友人たちのためにマウスピースを製造していたコルネット吹き、”チャールズ・ジェラルド・コーン”は1875年、小さな店でアメリカ国内初のコルネットを製作。1879年に店を移転し楽器製造が軌道に乗ると、1888年コーンは15人の楽器職人を呼び寄せる。彼等の職人芸は、コーンの独創性や意欲とひとつになって楽器を生み出し、1893年シカゴで開かれた万国博覧会で彼等の楽器が最高栄誉賞を得たことは特筆に値する。 品番: C.G.Conn(USA)、1FR、IFR-SP,IFR-GPヴィンテージ

B&S フリューゲルホルン買取

品番FH45L、FH45GBS,FH46ⅡL,FH46ⅡSP,FH46ⅡGB,FH46ⅡGBS,FH48ⅡFS

ヤマハフリューゲルホルン買取

明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている。 品番: YFH2310、YFH-631GS、YFH-8310Z、8315G  yamaha flugelhorn

キングフリューゲルホルン買取

キング創業者ヘンダーソンN.ホワイトは、アメリカ・クリーヴランドで楽器リペアショップをおこし、 ライシム歌劇場オーケストラ首席トロンボーン奏者のトーマス・キング氏と意気投合し、新しいトロンボーンの設計に没頭。試行錯誤の結果、革新的なスラ イドアクションを備えた素晴らしいトロンボーンの開発に成功、ほどなくしてアメリカ国内で最もポピュラーなトロンボーンとなった。この成功により素晴らしいアーティストとの親交を更に深めるにつれ、彼らにふさわしい素晴らしい楽器を創り上げようという気概がふくらみ、次々にコルネット、トランペット、ホルン、バリトン、ユーフォニアムと楽器の開発・製作に 邁進していく 。 品番: king flugelhorn、650,650SP,2020,2020SP

カンスタルフリューゲルホルン買取

ジグマント・カンスタルはオールズ、ベンジ、キング、べッソン等、著名な金管楽器の設計と製造を手がけてきた人物であり、カンスタル・ミュージカル・インストゥルメンツを創設してからは、自らの名前 “カンスタル” を冠した、技術的にもその音においても革新的な製品を生産し続けている。半世紀にもおよぶ彼の経験とリーダーシップが最高のハンドメイド楽器を生み出している。 品番:725-1,925-2,1025-2,1525-1,

ストンビフリューゲルホルン 買取

明治30年(1897年) 品番: TITAN:5935,5936,MASTER:5980,5981

チェルベニーフリューゲルホルン買取

品番:ロータリー・フリューゲルホルン:CFH502Rx

その他のフリューゲルホルン買取

テイラー/Taylor,インダービネン/INDERBINEN,ヨーゼフ, インダービネンINDERBINEN、 ヨーゼフ・リドゥルJosef Lidl,ラース・ヤルトLars Gerdt、ヴァン・ラーVan Laar,ガリレオGalileo、セルマー/Selmer、バズ/buzz,バーバンク/Burbank,マーシンキウィッツ/Marcinkiewicz,リュトゥッケ/Luttke、ルブラン/Leblanc, ロイ・ローラー/Roy Lawler・リドゥル/Josef Lidl,ラース・ヤルト/Lars Gerdtヴァン・ラー/Van Laarガリレオ/Galileoセルマー/Selmer,バズ/buzz,バーバンク/Burbank,マーシンキウィッツ/Marcinkiewicz,リュトゥッケ/Luttkeル,ブラン/Leblanc,ロイ・ローラー/Roy Lawler

フリューゲルホルン(flugelhorn)の取り扱い

演奏前の準備

マウスピースのセットは軽くまわすように入れます。強く押し込まないようにしてください、ピストンをまわさずにまっすぐ途中まで抜いてバルブオイルを2~3滴注入します。その後笠ねじを締めてオイルがなじむように何回かピストンを上下させます。フリューゲルホルンのピッチは温度で変化しますので、チューニングは管内によく息を吹き込んで温めてから抜差し管で調整します。ピストンの向きはピストンに刻印してある数字をマウスピース側に向くようにしてください。

演奏後のお手入れ

バルブゲーシングの内側の汚れ、ピストンの汚れをガーゼでふき取る、ウォーターキーや抜差し管から管内の水分を出す。抜差し管を抜くときは対応するピストンを押しながら行う。そして、抜差し管の古いグリスを抜き取り新しいグリスを塗布してグリスがなじむように2~3回スライドさせます。最後に柔らかいクロスなどで管体の表面の汚れや埃を取ります

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください!

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、接着テープ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • まずはお気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ
  • おかげさまで大好評です♪ お待ちいたしております

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

楽器を手放すタイミング

ドレミ楽器が実際に楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)があったのかをまとめています

中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

管楽器メンテナンス

管楽器メンテナンス

フリューゲルホルン点検と修理

フリューゲルホルンの調整・リペアー・メンテナンスの目安となる料金表をまとめました。フリューゲルホルンメンテナンスの相場感をつかんでいただけるかと思います。ドレミ楽器では自社でメンテナンスも行っていますので、お気軽にご相談ください

フリューゲルホルン

金管楽器の1種でありビューグル属の楽器である。外観はコルネットに似るが、より管の内径が太い。アドルフサックスによって考案されたサクソルと呼ばれる一群のうちの「ソプラノ」(あるいは、その改良されたもの)である。しかし、音楽史家の中には、異説を唱えるものもある。ミュンヘンのミヒャエル・サウワーレ (Michael Saurle) が1832年にバルブ付きのビューゲル(信号ラッパ)として発明したものが記録にある。時としてフリューゲルホーンとも呼ばれ、しばしばフリューゲルと略称される。「フリューゲル」(Flügel)はドイツ語で翼の意味である。一般に知られるものは、多くのトランペットやコルネットと同じ変ロ調のものであり、これはB(♭)(ベー)管と呼ばれるが、変ホ調のものも存在し、こちらはEs(エス)管と呼ばれる。音色は、トランペットやコルネットと比較して、より太く、一般に「より豊かで暗い」「甘美」と形容される。コルネットと同程度には機敏であるが、通常使用するマウスピースの深さから、高音域の演奏はより難しいとされている。

音域はトランペットやコルネットと同じですが、コルネットよりもさらに管の円錐部分が多く、管径も大きいため、太く柔らかい音を出すことが可能です。トランペットと同じくピストンバルブが3つ付いているものが多いですが、メーカーにより4本ピストンの物もあります。またロータリー式の楽器もありますが、ピストン式が主流となっています

金管楽器の1種でありビューグル属の楽器である。外観はコルネットに似るが、より管の内径が太い。アドルフサックスによって考案されたサクソルと呼ばれる一群のうちの「ソプラノ」(あるいは、その改良されたもの)である。しかし、音楽史家の中には、異説を唱えるものもある。ミュンヘンのミヒャエル・サウワーレ (Michael Saurle) が1832年にバルブ付きのビューゲル(信号ラッパ)として発明したものが記録にある。時としてフリューゲルホーンとも呼ばれ、しばしばフリューゲルと略称される。「フリューゲル」(Flügel)はドイツ語で翼の意味である。一般に知られるものは、多くのトランペットやコルネットと同じ変ロ調のものであり、これはB(♭)(ベー)管と呼ばれるが、変ホ調のものも存在し、こちらはEs(エス)管と呼ばれる。音色は、トランペットやコルネットと比較して、より太く、一般に「より豊かで暗い」「甘美」と形容される。コルネットと同程度には機敏であるが、通常使用するマウスピースの深さから、高音域の演奏はより難しいとされている。

フリューゲルホルンの歴史
フリューゲルホルンはビューグル属と呼ばれる部類で、祖先はホルン系楽器と同じです。コルネットの誕生より少し前の18世紀に、狩猟ホルンからナチュラルホルンの一種であるビューグルという楽器が作成されました。ビューグルはコルネットよりも管径が太いため音量が大きい楽器です。1810年頃、シンプルだったビューグルは木管楽器のようなキーシステムが取り付けられキー・ビューグルと呼ばれるようになり、1820年頃にはキーシステムに代わってヴァルヴシステムが取り付けられフリューゲルホルンと呼ばれるようになりました。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ