ホルン買取します。ヤマハホルン・アレキサンダー・パックスマン・コーン・ハンスホイヤーホルンなど買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり
ホルンを売る前に役立つ情報!必見!

ホルン買取:ホルンを売る前の情報! 必見

ホルンを売る前の役に立つ情報!

当社ではホルンのメンテナンス技術者がいますので、修理可能な範囲で故障している楽器は買取出来ます。ホルンの状態を詳しくお知らせいただきましたらご納得の買い取りのお見積もりさせていただきます。

  • メーカー・品番・年式のお知らせは査定に大きく影響します
  • 付属品はハードケース・マウスピース・選定書は有利です
  • 外装の綺麗な状態は買取価格がアップします
  • ホルンのスライド、ロータリーの動作確認は必携です
  • 内部の汚れの手入れしてある楽器は印象が良いよいです
  • 過去の修理痕が目立たない程査定がアップします
  • ホルンメーカーによっては保証書で品番確認できます

ホルンの売却で買い取り価格に満足する資料!

ホルンを高く買ってもらう為に売却要件を知識として知る必要性
ホルンを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

ホルンの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
ホルンを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など

使用されなくなったホルン(業者の買取/知人に売却/下取)

売却されるホルンの原因は誰も使用されなくなった場合、新しい楽器を購入したので下取りにしたい場合、友人・知人が希望している場合があります。

業者の買い取り(楽器専門店・リサイクルショップ・輸出業者)

楽器店では専門職なのでメンテナンス、演奏ができる社員が在籍している場合は安心です。下取りの場合は本体値引きと下取り品の査定額を提示してもらえればご納得価格になります。友人・知人に個人的に売却する場合は要注意です。友人から信用して購入された後で業者に買い取り相場をお問い合わせする場合があります。価格の相違でトラブルになることが多いからです

綺麗なホルン(査定に有利)

綺麗なホルンは買い取りの査定に好印象を与えます。査定の場合に使用感が少なく感じたり、丁寧に使用していたと思われるからです。査定前にできる範囲で埃&汚れを掃除しておいた方が有利です

ホルンの査定は付属品も重要

買取業者はほとんどの場合ケース、マウスピース付きで販売しますので付属品添付は買取価格が高くなります。プロのホルン演奏家の選定書付は楽器に対しての信用性が高まりますので買取価格はアップします。標準装備(本体・マウスピース・ケース)以外にもケースやマウスピースがある場合は別途買い取りできます

買取価格のお見積もり&査定額/買取の希望価格

ネットでの買取お問い合わせは現物を見ていないので実際に見た時に再見積りになり場合があります。業者によっては高めに買取金額を表示して、入荷後に買い取り価格を下げる場合もあります。楽器は精密な商品で調整も含めた専門性が求められます。当社では、お問い合わせの時点で概算お見積もり(楽器店なので精度が高い)させていただきますが、楽器をお送りいただきご納得価格の場合にお振込みさせていただき、ご納得でない場合は送料負担でご返品できますので安心です

 

買取希望価格の提示・・・楽器を売却される場合にご希望価格がありましたら買取業者にお知らせした方が良いです。ご希望価格に添えるか否かの具体的な説明していただければご納得される場合が多いです

身分証明書

中古楽器の買い取りには公安委員会で古物商の認可が必要です。盗品予防です。ホームページのトップページ下段に表記が義務づけられています。業者に買取依頼される場合は確認しましょう。売却される方は身分証明書の提示が義務付けられています。自動車免許証、各種保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどです。ただし、20歳未満のかたは保護者の同意書が必要で会う。身分証明書を持参されないと買い取りしていただけません

ホルンの調整・修理メンテナンス

楽器の買い取り 無料お見積り

 

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。 詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

楽器を手放すタイミング
ドレミ楽器が実際に楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)があったのかをまとめています

中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です

楽器買い取り価格をアップ

お問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります

ホルンの特徴と種類
ホルンはトランペットやトロンボーンと違いベルが後ろ向きになっていることと、トランペットやユーフォニアムなどはピストンやレバーを右手で操作しますが、ホルンは左手で操作を行います。 ホルンの音色はやわらかく弦楽器や木管楽器にも合わせやすく、同じ金管楽器やホルン同士で合わせる時には力強く吹くこともできます。ホルンのさまざまな音色は作曲家にとっても魅力的で、オーケストラ内でもホルンは出番の多い楽器の1つです。 種類としてはF管・B♭管・HighF管それぞれの調子で作られているシングルホルン、F管とB♭管など2種類の調子を組み合わせたダブルホルン、F管・B♭管・HighF管3種類の調子を組み合わせたトリプルホルンとなっています。 またセミダブルホルンと呼ばれる種類もあり、通常ダブルホルンではF管をメインにしますがセミダブルはB♭管がメインとなります。セミダブルはダブルホルンに比べて全体の管長が少し短く、楽器の重量も軽いのが特徴です

ホルンは「角」の意味を持った言葉であるが、古くから角笛を意味してもいた。現在ではホルンとは、一般にはフレンチホルンを指すことが多い。フレンチ・ホルン(英語:french horn)はカタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持つ。ヘ調と変ロ調の調性を持った楽器があり、それぞれF管、B♭管と呼ばれるが、一般的には、それらを一つに組み合わせ「切換バルブ」と呼ばれる特殊なバルブで切り換えられるものが多用される。単一の調性の楽器をシングル・ホルン、2つの調性を持つものをダブル・ホルンと言って区別するが、ダブル・ホルンに一般的なヘ調より1オクターブ高い「ハイF」などを追加したトリプル・ホルンと呼ばれるものも存在する。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ