コーンホルン買取します、コーンシングルモデル・フルタブルホルンを全国から買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

コーンホルン 買取

どんな状態のコーンホルンでも買い取りできますか?

当社ではコーンホルンのメンテナンス技術者がいますので、修理可能な範囲で故障しているホルンは買取出来ます。楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりさせていただきます。ホルンを売る前に役立つ情報はこちらです。ホルンを高く買ってもらう条件&ポイントはこちらです。実際に楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)はこちらです

  • 外装(金属部分)に錆や汚れがある 、管体にへこみや傷がある
  • 管体にラッカーハガレ、鍍金の浮きがあるコーンホルン
  • ピストン部分の動きが悪い、ロータリーが固着して動かない
  • 楽器ケースまたはマウスピースがないコーンホルン
  • 品番、製造年度が不明なコーンホルンなど買取できます

コーンホルン買い取りお見積りポイント

コーンホルンは品番、製造年、外装、使用状況で判断して買取のお見積もりを実施しています。

コーンホルンのロゴ

■品番の刻印
マウスパイプに刻印

コーンホルンのシリアル番号

■シリアル番号
数字の刻印

コーンホルンのメンテナンス

■外装・楽器状態
さび、傷、凹み・固着

コーンホルン 品番

コーンホルンのモデル 品番
ヴィンテージ VINTAG 8D ER
CONN stellaton 7D,8D ER,8DY ER,8DR ER,9D ER,9DY ER,9DR ER,
シンフォニー 10D ER,10DR ER,11D ER,11DR ER
アーチスト 6D,
デスカント 12D
デレクター 14D

C.G.コーン社(C.G.Conn USA)

金管楽器奏者の友人たちのためにマウスピースを製造していたコルネット吹き、”チャールズ・ジェラルド・コーン”は1875年、小さな店でアメリカ国内初のコルネットを製作。1879年に店を移転し楽器製造が軌道に乗ると、1888年コーンは15人の楽器職人を呼び寄せる。彼等の職人芸は、コーンの独創性や意欲とひとつになって楽器を生み出し、1893年シカゴで開かれた万国博覧会で彼等の楽器が最高栄誉賞を得たことは特筆に値する。

ホルンについて・・・

ホルンは「角」の意味を持った言葉であるが、古くから角笛を意味してもいた。現在ではホルンとは、一般にはフレンチホルンを指すことが多い。フレンチ・ホルン(英語:french horn)はカタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持つ。ヘ調と変ロ調の調性を持った楽器があり、それぞれF管、B♭管と呼ばれるが、一般的には、それらを一つに組み合わせ「切換バルブ」と呼ばれる特殊なバルブで切り換えられるものが多用される。単一の調性の楽器をシングル・ホルン、2つの調性を持つものをダブル・ホルンと言って区別するが、ダブル・ホルンに一般的なヘ調より1オクターブ高い「ハイF」などを追加したトリプル・ホルンと呼ばれるものも存在する。

ホルンのお手入れ

ホルン・チューバなどロータリー部分にはそれぞれの目的に応じて「ローターオイル」「ロータースピンドルオイル」「レバーオイル」の3種類のオイルを使い分けます。また、抜差部にはスライドグリスを使用します。(スライドクリームではありません) 演奏前にはローターへの注油:抜差管を抜いてローターオイルをローターに注油しましょう。 抜差管を抜くときは必ずレバーを押しながら抜きます。抜差管内側についているグリスや汚れとオイルが混ざるのを防ぐため、注油口先端が抜差管外管内側に直接当たらないように差し込みます。注油口先端は金属でできていますのでローターに直接当たらないように注意深く差し込みましょう。オイルが全体にゆきわたるようにレバーを動かしてください。 演奏後には管内の水分を抜く:抜差管を抜いて水分を出しましょう。演奏前と同じようにローターに注油してください。楽器の表面をポリシングクロスで軽くふきましょう。汚れや変色が目立つ場合は、次項の手入れ用品をお使いください
ホルン点検・調整・修理

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です

楽器買い取り価格をアップ

お問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ