ホルトントロンボーン買取いたします。ホルトンテナーバス、ホルトンバストロンボーンなど買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

ホルトントロンボーン 買取

どんな状態のホルトントロンボーン(holton trombone)でも買い取りできますか?

当社ではホルトントロンボーンのメンテナンス技術者がいますので、修理可能な範囲で故障している楽器は買取出来ます。 楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりさせていただきます。

  • 外装に錆や汚れがあるトロンボーン買取できます
  • 管体、ベルにへこみや傷があるトロンボーン買い取りできます
  • 外装に鍍金ハガレ、鍍金浮きがあるホルトントロンボーン買取
  • スライド部分とロータリーの動きが悪い、つば抜きのコルクが磨耗
  • 未調整のホルトントロンボーン・バストロンボーンも買取りできます
  • 品番、製造年度が不明なホルトントロンボーンも買い取りできます
  • ケースもないホルトントロンボーンも買取できます

 

ホルトントロンボーンの売却で買取価格に納得出来る資料

トロンボーンを高く買ってもらう為に売却要件を知ることで理解できます
トロンボーンを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

トロンボーンの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
トロンボーンを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など

ホルトントロンボーン買取お見積りポイント

ホルトントロンボーン買取は品番、シリアル番号、外装、使用状況で判断してお見積もりをしています。

ホルトントロンボーンのロゴ

■品番の刻印
ベル部分に刻印

ホルトントロンボーンのシリアル番号

■シリアル番号
スライド繋ぎに刻印

ホルトントロンボーンのメンテナンス

■外装・楽器状態
さび、傷、凹み・固着

ホルトントロンボーン 品番

品番内容
ホルトンTR158テナーバス:スタンダードストロークFアタッチメント
ホルトンTR-160テナーバス:オープンラップ
ホルトンTR181バストロンボーン:ダブルインラインロータリー
ホルトンTR183バストロンボーン:シングルロータリー

ホルトン社

1898年、シカゴ・マジソンストリートのビル3階に 2室の楽器店を開業したのが、 今日のホルトン社の始まりです。 有名なジョン・フィリップ・スーザ・バンドの首席トロンボーン 奏者だった フランク・ホルトンは、開業と同時にトロンボーン用の スライドオイル、 フォーミュラエレクトリックオイルを発売しました。 今日ではあまりにも有名なホルトンオイルは、100年間ベストセラーを 続けています。 19世紀より金管楽器を製作し、ホルトンの設計する斬新なデザインは 多くの奏者から 愛用されるようになりました。 ホルトン社のフレンチホルンの開発は、フィリップ・ファーカス
バリータックウェル、 エセル・マーカー等のパーソナルモデルから、ルイス・スタウト、リサ・ボントレジャー、 などのトッププレイヤーの アドバイスにより圧倒的なラインナップを完成させました。 金管楽器の総合メーカーとして世界中に広く知られるホルトン社は、 2004年8月、 アメリカの管楽器メーカーとして最も長い歴史を誇る Conn-Selmer社(旧・Selmer USA)に 経営権を譲渡し、 より一層の発展を目指しています。

トロンボーンについて・・・。

トロンボーンは他の金管楽器はピストンやキイを押さえ音を変えているのに対して、スライドを動かすことによって管の長さ自体を変化させて音の高さを変えています。トロンボーンにはピストンの楽器もあります。一般的にはスライドを伸ばしたり、縮めたりして、音程を変え、スライドを伸ばすと「低い音」、縮めると「高い音」が出ます。 音程が正確にとれることや、楽器の構造がシンプルであることから、トロンボーンによるハーモニーは非常に美しく、人間の声ともよくブレンドします。
スライドには暫定的なポジションが7つあり、スライドを動かしているだけでは、狭い音域しか出すことが出来ませんが、唇の振動を変えることによって、音域を増やします。 そうすることによって、一つのポジションで、たくさんの音を出すことが出来るのです。また、トロンボーンの得意技のひとつで、音を鳴らした状態でスライドを伸縮させると、「グリッサンド」という、独特な音を出すことができます。
中低音を担当することが多いのですが、音域は広く、スライドを使ったコミカルな表現などキャラクターも多彩なので、様々な場面で使用されています。 オーケストラでは音楽全体を支えるハーモニーの役割から、メロディまで幅広く活躍し、吹奏楽ではバンド全体を支え、その独特なサウンドで演奏に彩りを与えています。 ジャズでも活躍する場面は多く、スタンダードな3管編成のセクステットからビッグバンドまで欠かすことのできない、トランペットやサクソフォンと並ぶ重要な楽器です。

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

▼楽器の買取方法は3タイプ!

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の店頭買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A
中古楽器を売りたい方へ

中古品の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。本人が満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。店頭買い取りには身分証明書をご持参ください。

楽器買い取り価格をアップ

楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます

楽器買い取りのポリシー

当社では、ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。 買い取りの査定や中古楽器の販売だけでなく、修理についても管楽器専門技術者が無料でご相談にのります。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義

ドレミ楽器 サイトマップ