バックトロンボーン買取いたします。バックテナーバス、バストロンボーン(バストロ)、コンパクトテナーなど買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

バックトロンボーン 買取

バックトロンボーンがどんな状態でも買い取りできますか 

バックトロンボーンのメンテナンス技術者がいますので高価買取出来ます

  • 外装に錆や汚れがあるバックトロンボーン買取出来ます
  • 管体、にへこみや傷があるバックトロンボーン買取します
  • 外装に鍍金ハガレと浮きがあるバックトロンボーン買取
  • スライドとロータリーの動きが悪いバックトロンボーン買取
  • 品番、製造年度が不明なバックトロンボーンも買取します
  • 付属品のケースもないバックトロンボーンも買取できます

 

バックトロンボーンの売却で買取価格に納得出来る資料

トロンボーンを高く買ってもらう為に売却要件を知ることで理解できます
トロンボーンを売る前にお店選びと楽器についての詳しい情報を知ること

トロンボーンの無料査定のご依頼は楽器を受けた時に査定報告を行なう
トロンボーンを売る時の決断はご処分、買い替え、下取り、使用不可など

バックテナーバストロンボーン42B及び42BOを高価買取しています

バックトロンボーン買い取りお見積りポイント

品番、製造番号、外装、使用状況でお見積もりをしています(写真はヤマハ)

バックトロンボーンのロゴ

■品番の刻印
ベル部分に刻印

バックトロンボーンのシリアル番号

■シリアル番号
繋ぎ部分に刻印

バックトロンボーンのメンテナンス

■外装・楽器状態
さび、傷、凹み・固着

バックトロンボーン 品番

種類 品番
バックアルトトロンボーン39
バックテナートロンボーンTB600.TB200,12,16,V16,LT16M,36,42
バックテナーバストロンボーンTB200B,36B/36BO,42B/42BO,LT142BO
バックテナーバストロンボーンコンバーチブル、42C/4CO
バックバストロンボーン50B/50BO,50B2/50B2O,50B3/50B30
ハグマン・バルブモデルテナーバス42A,basu50A3
セイヤーバルブモデルテナーバス:LT42TG50フリードマン,42T,バス50T,50T3

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

らくらく梱包セットをご利用ください

  • ご希望の方には、らくらく梱包セットを無償でご提供いたしております
  • 梱包のプチプチ、着払い伝票、割れ物注意シールです
  • まずはお気軽にお問い合わせ、お見積りのご依頼をくださいませ!
  • おかげさまで大好評です♪ お待ちいたしております

▼楽器の買取方法

下記のいずれかの方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取 楽器の出張買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A

ヴィンセント・バック社
1918年にトランペット奏者ヴィンセント・バック(ウィーン生まれ)、本名ヴィンツェント・シュローテンバッハにより設立された。1961年にセルマーUSAに買収されて辞任した。ヴィンセント・バックは1890年生まれで1976年に没す。設立初期はマウスピースを手がけていましたが、その後トランペット製造をするようになりました。この数年間でヴィンセント・バック社はアポロ (Apollo) 、ミネルバ (Minerva) 、マーキュリー (Mercury) 、メルセデス (Mercedes) 、ストラディバリウス (Stradivarius) などのブランド名で金管楽器のトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーンを製造した。

運営会社

楽器買取センター:ドレミ楽器

〒454-0854
名古屋市中川区松年町3丁目6番地2
営業時間:朝10時~午後5時
(定休日:土曜日・日曜日)
TEL: 052-653-6676
FAX: 052-654-1980
フリーダイヤル: 0120-053215

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号

 

ドレミ楽器 サイトマップ