管楽器買取ならお任せください!管楽器買取りメーカー一覧

フォームから詳しい楽器買取お見積もり ラインで楽器買取を簡単お見積もり

全国から管楽器宅配便(送料は当社負担)でお送りいただいています。管楽器を高く買取っていただくための条件はテクニックが必要です。まずはお店選びです。専門店の要素として管楽器の演奏及びメンテナンスできるお店は楽器の査定における信頼性が高いです。管楽器は長年製造されている品番があります。同じ品番でも楽器の内容が異なる場合がありますので製造年数(ご購入年数)の告知は正しい査定に必要です

管楽器を高く買ってもらう条件とポイント

木管楽器・金管楽器の世界のメーカー!

【ユーフォニアム】
アダムスAdams、アミューズAMUSE、アントワンヌ・クルトワAntoine Courtois、インダービネンINDERBINEN、ウィルソンWillson、キングking、カンスタルKANSTUL、キド・マ・コットquid ma cotto、ジェネヴァGENEVA、ジュピターJUPITER、ジョン・パッカーjohn Packer、ジンバオジャパンJUNBAO JAPAN、スターリングSterling、JPスターリングJP Sterling、チェルベニーCerveny、ベッソBessonン、ヒルスブルナーHIRSBRUNNER、J.マイケルMichael、マルカートMARCATO、ミラフォンMIRAPHONE、ヤマハYAMAHA

【トロンボーン】
アマティAmati、アムラインAmrein、アントワンヌ・クルトワAntoine Courtois、イーストマンEastman、インダービネンINDERBINEN、エッガーEgger、F.E.オールズOlds&Son、キド・マ・コットquid ma cotto、エックスオーxo、カンスタルKANSTUL、キャロルブラスCarol Nrass、キングking、H.クロマトKromat、シルキーSchilke、タイガーTIGER、キューンル&ホイヤーK&H、ジュピターJUPTER、ストンビStomvi、ピー・ボーンpBone、ゲッツェンGetzen、C.GコーンConn、S.E.シャイアーズShires、チェルベニーCerveny、トロンバTROMBA、シャーゲルSchagerl、ジンバオジャパンJINBAO JAPAN、タインThein、トローヤTHROJA、ビー・アンド・エスB&S、ホルトンHolton、ハーグHAAG、バッグbach、ヘルマン・シュミットHermann Schmidt、J.マイケルMichael、マックトーンMaxtone、マルカートMARCATO、ミラフォンMIRAphone、ヤマハYAMAHA、ユルゲン・フォークトJurgen Voigt、M.ラスRath、H.レチェLATZSCH、ロイローラー、Roy Lawler

【チューバ】
アダムスAdamu、アミューズAMUSE、アレキサンダーAlexander、ウィルソンWillson、キド・マ・コットquid mq cotto、キングking、コーンC.G.conn、J.ジュピター/JUPITER、サンクトペテルブルグST.Petersburg、JPスターリングJP.Sterling、ジンバオジャパ/JINBAO JAPAN、チェルベニーV.F.Cerveny、ビー・アンド・エスB&S、ユングヴィルトjungwirth、チェロアンドクーCello&Coo、bmシンフォニックbm Symphonic、ヒルスブルナーHIRSBRUNNER、ベッソン/Besson、J.マイケル/J.Michael、マイスター・アントンMeister Anton、メルトン・マイネル・ウエストン/Melton Meinl Weston、ミラフォンMIRAPHONE、ルドルフ・マインルRudolf Meinl、マルカートMARCATO、ヤマハYAMAHA

【トランペット】
ヤマハ(YAMAHA)、ゲッツェン(Getzen)、カンスタル(KANSTUL)、コーン(C.G..Conn)、シェルツァー(Johaness Scherzer)、シャガール(Scagerl)、シルキー(Schilke)、ストンビ(Stonvi)、バック(Bach)、ヘッケル(Heckel)、ベッソン(Besson)、ベルント・C・マイヤー(Berndt C.Meyer)、モンケ(Josef Monke)、レヒナー(Lechner)、アイブル、マティ、アミューズ、アンディ・テイラー、アントンポセッジャー、インタービネン、キャノンボール、ヴァイマン、ヴァン・ラー、ウエーバー、ヴァルナール・スピリ、ヴォトルーナ、エッガー、エックスオー、カドソン、カンスタル、キャロルブラス、キューン、キューンル&ホイール、キング、クイーンブラス・H.クロマト、シャイアーズ、チェロ&クー、シャーゲル、ジュピター、スパーダ、タイン、トニー・スカッドウエル、ナガシマ、バス、バーバンク、ハリウッドウインズ、B&S、E.K.ブレッシング、ハレルソン、ベストブラス、マルティン・シュミット、マイケル・デル・クワドロ、マーシンキウェッツ、マルカート、モモスペシャル、ミラフォン、メルトン・マオネル・ウエストン、ユルゲン・フォークと、ラース・ヤルト、リュトッケ、レヒナー、ロイ・ローラー

【コルネット】 
ヤマハ,yamaha、ストンビ,stomvi、カンスタル,kanstul、ベッソン,besson、エックス・オー,XO 、アントワンヌ・クルトワ,courtois、キング,king、コーン,C.G.conn、バック,bach、ゲッツエン,getzen 、シルキー,schike、ホルトン,holton、ヨーゼフ・リドゥル,Josef Lidl、ラース・ヤルト,Lars Gerdt、スミス・ワトキンス Smith Watkins、セルマー,Selmer、B&Sシャレンジャー,B&S Challenger、インダービネン,INDERBINEN 、ベクルトワ、ワトキンス、アンディ・テイラー、ウンダービネン、キャロルブラス、キューン&ホイヤー、ジュピター、ベストブラス、マイケル・デル・クアドロ、マルカート、ロイ・ローラー

【フリューゲルホルン】 
アマティ Amati 、アントワンヌ・クルトワフリューゲルホルン Antoine Courtios、キング/king 、シュミット、ヤマハ yamaha、エックスオー XO、カンスタル KANSTUL、バック bach、コーン C.G.conn、ヴィンテージ、チェルベニー V.C cerveny、ビーアンドッス B&S、ゲッツエンフリューゲルホルン Getzen、テイラー taylor、ストンビフリューゲルホルン stomvi、ベッソン besson、 アイフル Eibl、アミューズ AMUSE、アンディ・テイラー andy Taylor、アントンポッセンジャー Antoine Possegge、キャロルブラス Carol Brass、キューン&ホイヤー K&H、クイーンブラス Queen Brass、シャゲール Schagerl、ジュピター JUPITER、シルキー Schike、ストンビ Stomvi、ビーアンドエス B&S、ラース・ヤルト Lars Gerdt、ヴァン・ラー Van Laar、リュトゥッケ Luttke、ルブラン Leblanc、ロイ・ローラー Roy Lawler、インダービネン INDERBINEN、ヨーゼフ・リドゥル Josef Lidl、ガリレオ Galileo、セルマー Selmer、バズ buzz、バーバンク Burbank、マーシンキウィッツ Marcinkiewicz

【ホルン買取】
ヤマハ(YAMAHA)、アレキサンダー(Alexander)、パックスマン(Paxman)、ホルトン(Holton)、コーン(C.G.Conn)、オットー(OTTO)、キューン(Kuhn)、クノッフ(Knopf)、クーリア(Curia)、イラチェク(JIRACEK)、Eシュミット(E.Schmid)、クルスペ(Kuruspe)、ハンスホイヤー(Hans Hoyer)、ハーグストン(Haagston)、ユングヴィルト(Jungwirth)、アトリエ・ハーロー(Atelier Harlow) 、イオ、ウィルソン、ヴェンツエル・マインル、エルク、キューン、キューンル&ホイヤー、コーン、コンフォルド、ジュポター、スティーブン・ルイス、シトンビ、タイン、ヂュルク、フィンケ、マルク・シュミードホイザー、ルーカス、ユングヴィルト、ルイス&ヂュルク

【フルート】
アイハラ、アキヤマ(AKIYAMA)、アームストロング、アルタス (Altus)、アルテス・アルパイン、アルメーダ、アリスタ、イワオ(IWAO)、ウイリアムス、エヴァ・キングマ、エマーソン、エマニュエル、エロイ、オリエント(ORIENT)、 オルフェウス、カワイ(Kawai)、メーニッヒ 、グロリア(Gloria)、ゲマインハート( Gemeinhardt)、ゴードン(頭部管)、ゴウ・ブラザース、コタケ(KOTAKE)、コタト&フクシマ( Kotato&Fukushima)、サクライ(SAKURAI )、サバレイ、サンキョウ (SANKYO)、A.D.ジェフリー、 シェリダン、ジュピター、ジョン・ラン、ストロビンガー、スタッフォード・ウィンド、ステファン・ウェッセル、セレクション、A.セルマー (A.Selmer)、ソナーレ、ディメディチ、タムラ( 頭部管), ドルマー 、トマジ(W.Tomasi)、トム・グリーン、トム・レイシー 、ナガハラ( NAGAHARA)、ナツキ。ノマタ( Nomata)、パウエル( Q.POWELL)、バーカート(Burkart)、パール(Pearl Flute)、パルメノン、A.R.ハンミッヒ(August Richard Hammig)、H.ハンミッヒ Helmuth Hammig、J.ハンミッヒ(Johannes Hammig)、Ph.ハンミッヒ (Philipp Hammig)、フォークト、フィォリジ、ビュッフェ・クランポンBuffet&Crampon)、ブラウン、ブランネン・ブラザース( Brannen Brothers)、FMCフルートマスターズ(Flute Masters)、ヘインズ(HAYNES)、ヘルナルス、マックストーン、マルカート、マティット、フィンランド、 マテキ(MATEKI)、マンケ、マイケル、ミヤザワ(Miyazawa)、ムラマツ(Muramatsu)、メナート(F.Mehnert)、 ヤマダ(YAMADA)、ヤマハ(YAMAHA )、ラファン(J.R.Lafin・頭部管)、ランデール(Jonathon A.Landell)、ルーダル・カート、ロバーツ、ロバート・ビギオ、ロパティン

【ピッコロ】
アルタスAltus、サンキョーSANKYO、 ハンミッHammig、パウエルPowel)、ミヤザワMIYAZAWA、マテキMATEKI、ムラマツMURAMATSU、ヤマハYAMAHA 、パールpeal、ローゼンROOZEN、カワイ・ブルゲローニ KAWAI BULGHERONI 、サクライSAKURAI F、アームストロング Armstrong、セルマー A.Selmer、 ロイ・シーマンRoy Seaman、マイルス・ゼントナーMiles F.Zentner、タケザワTAKEZAWA、ブラウンBraun、ヘインズWm.S.HAYNES 、フォークト Horst Voigt、ブランネン・ブラザースBrannen Brothers、マックストーンMaxtone、ヤマダYAMADA 、ワイズマン&マッケンナ / WEISSEMAN&McKENNA 、FMCフルートマスターズFMC Flute Master、ゲマインハートGemeinnhardt、キーフkeefe、ジュピターJUPTER、チェロアンドクーCello&coo、バーカートBurKART、W.フィッシャーWerner Ficcher

【サックス・サクソフォン】
キャノンボール(CannonBall)、セルマー(Selmer)、ヤマハ(YAMAHA)、ヤナギサワ(YANAGISAWA 、プリマ・ヤナギサワ、ビュッフェ・クランポン、ボガーニ、ランポーネ 、アンティグア、インダービネン、エッペルスハイム、ゴッツ、カドソン、コーン、シャーゲル、ケニー・ジー、サクゼト、ジュピター、アチェロアンドクー、セルマー・パリ、ボガーニ、マルカート、ランポーネ&カッツアーニ、ルピファーロ、ユニゾン、ユリウス・カイルヴェルト、

【クラリネット】
ヴーリッツアー(Herbert Wurlitzer)、オットマー・ハンマーシュミット(O.Hammerschmidt)、オルジー(ORSI)、セルマー(Selmer)、ビュッフェ・クランポン(Buffet Crampon)、ヤマハ(YAMAHA)、ルブラン(Leblanc)、ロッシ、ヴァーリッツアー 、アマティ、H.ヴァーリッツアー、ヴォルフガング・ディーツ、エッペルスハイム、シュヴァンク&セゲルケ、バックーン、ジュピター、セルマーUSA、パトリコラ、セルマー・パリ、ピーターイートン、ヨーゼフ、リバモンティ、ルブラン、ライトナー&クラウス、ロッシ、

【オ-ボエ】
リグータRigoutat、セルマーSelmer USA、エルエフLF、オスカー・アドラーOscar Adler、チェロ&クーCello&coo、R.デュパンRoland Dupin、パトリコラPatricola、ビュッフェ・クランポンBuffet Crampon、ピュヒナーPuchner、ファサッティFossati、フォックスFox、ブルゲローニBULGHERONI、J・マイケルMichael、マリゴMarigaux、マリゴ・ストラッサーMarigaux Strasser、マリゴ・ルメールMarigaux Lemaire・マリゴ・グランルメールMarigaux Grand Lemaire、メーニッヒMonnig、ヨーゼフJOSEF、ラウビンLaubin、F・ロレーLoree、ヤマハyamaha、 ロレー(フランス)・マリゴ(フランス)・ビュッフェ・クランポン(フランス・リグータ(フランス)・フォサッティ(フランス)・ピュヒナー(ドイツ) ・シュプリンガー(ドイツ)・ハワース(イギリス)・ラウビン(アメリカ)・ヤマハ(日本) ・ムジーク・ヨーゼフ(日本)・オーボエ・ミュゼット・オーボエ・ダモーレ ・イングリッシュホルン(コーラングレ)・バリトンオーボエ(バスオーボエ)・ヘッケルフォーン

【オーボエミュゼット買取】 マリゴMarigaux、F.ロレー F.Loree

【オーボエダモーレ買取】
R・デュパンRoland Dupin、パトリコラPatricola、ピュヒナーPuchner、フォサッティFossati、ブルゲローニBURGHERONI、メーニッヒMonnig、ヨーゼフJOSEF、マリゴMarigaux、リグータRigoutat、F・ロレーLoree

【イングリッシュホルン買取】
English horn:R・デュパンRoland Dupin、パトリコラPatricola、ピュヒナーPuchner、ファサッティFosatti、フォックスfox、ビュフェ・クランポンBuffet Crampon、モーレンハウエルMollenhauer、ブルゲローニBULGERONI、マリゴMarigaux、マリゴルメールMarigaux Lemaire、メーニッヒMonnig、ヨーゼフJOSEF、ラウビンLaubin、リグータRigoutata、F・ロレー、Loree

【バスオーボエ買取】
G・ヴォルフGuntram Wolf、フォサッティFossati、マリゴMarigaux、リグータRigoutata、F・ロレF.Loree

【バスーン/ファゴット買取】
アマティJDR AmatiJDR,アマティAmati、ヴォルターWalter、ヴェンツエル・シュライバーWenzel Schreiber、G・ヴォルフGuntram Wolf、オスカー・アドラーOscar adler、ジンバオジャパンJINBAO JAPAN、ビュッフェ・クランポンBuffet Crampon、タケダバスーンTAKEDA BASSOON、フォックスFOX、チェロ&クーCello&Coo、ピュヒナーPuchner、W・ヘッケルHeckel、メーニッヒMonnig、ベルント・モースマンBernd Moosmann、ライツインガーLeitziger、モーレンハウエルMollenhauer、ヤマハYAMAHA

【コントラバスーン買取】
アマティJDRAmati JDR,アマティAmati、ヴェンツエル・シュライバーWenzel Schreiber、G・ヴォルフGuntram Wolf、エッペルスハイムEppelsheim、オスカー・アドラーOscar Adler、タケダバスーンTAKEDA BASSOON、チェロ&クーCello&Coo、ピュヒナーPuchner、フォックスFAX、W・ヘッケルW.Heckel、ベルント・モースマンBernd Moosmann、モーレンハウエルMollenhauer

【マーチングブラス買取】 ヤマハ(YAMAHA)、キング(KING)、ダイナスティ(Dynasty)

--------管楽器メーカーの解説-------

<ヴィンセント・バック社> 
1918年にトランペット奏者ヴィンセント・バック(ウィーン生まれ)、本名ヴィンツェント・シュローテンバッハにより設立された。1961年にセルマーUSAに買収されて辞任した。ヴィンセント・バックは1890年生まれで1976年に没す。設立初期はマウスピースを手がけていましたが、その後トランペット製造をするようになりました。この数年間でヴィンセント・バック社はアポロ (Apollo) 、ミネルバ (Minerva) 、マーキュリー (Mercury) 、メルセデス (Mercedes) 、ストラディバリウス (Stradivarius) などのブランド名で金管楽器のトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、トロンボーンを製造した。

<ゲッツェン社 Getzen)
1939年にゲッツェン社は管楽器専門メーカーとして設立されました。ゲッツェン社は1963年の工場火災により、それ以前のシリアルナンバー履歴を焼失している。1991年最新設備とともに新しいコンセプトによる金管楽器(エドワーズ製品等)の研究開発をめざし、ロバート・ゲッツェン(現会長)が創設者であるアライド社との結び付きにより、更なる円熟と発展を遂げています

<C.Cコーン社> 
金管楽器奏者の友人たちのためにマウスピースを製造していたインディアナ州エルクハート「ブリック・ブラウン楽団」のコルネット吹き、”チャールズ・ジェラルド・コーン”は、1875年、20フィート四方の小さな店で、アメリカ国内では初めてとなるコルネットを製作し、世に送り出しました。1879年に店はより広い区画に移転し、楽器製造が軌道に乗ると、1888年、コーンは15人の楽器職人を呼び寄せ、最高の楽器を作るための工具と互いが刺激し合って、その技術を大いに発揮させることとなりました。彼等の職人芸は、コーンの独創性や意欲とひとつになって楽器を生み出すこととなり、1893年シカゴで開かれた万国博覧会で彼等の楽器が最高栄誉賞を得たことは特筆に値します。
またジョン・フィリップ・スーザ、パトリック・ギルモア、ハーバート・クラーク、アーサー・プロイヤー、A.リベラティなど多くのバンドマスターや演奏家たちが工場を訪れ、「コーン社の驚異的なまでに優れた楽器」を賞賛しました。

<カドソン社> 
Cadeson=カドソン社は台湾の総合楽器メーカーである。1985年創立だから耳慣れないのも無理は無い。創立以来ドラムセットを中心とした打楽器が製品の中核を占めるが、管楽器部門(工場)については数社のOEMを経て、同社のオリジナルモデルを意欲的にリリースしている。既にアメリカ、ヨーロッパ、アジアと販売網を拡大中で、日本では群馬県前橋の中島楽器が代理店となっている。
中島楽器ではその将来性と高い制作技術に早くに着目し、管楽器を中心に"単なる廉価楽器"から脱却させる為、直接台湾の工場に出向き、仕様の決定や設計、製造工程に至るまで指導・協力をしているとの事。輸入されているラインナップでは中島楽器のオリジナル仕様のものもあり、Cadeson本社に体する影響力の大きさが伺える。アルト、テナー含め数機種見せて戴いた。全体の造りそのものはSelmer SA80-IIが基本になっている印象を受けるが、上位機種では大きいベル、ネックの設計などオリジナルなアイディアが入っており、かなりのこだわりを感じる。第一印象でしっかりとした造りの良さ、素性の良さを感じた。他の有名メーカーと比べれば、比較的安いものだが、安物では無い。
その中でも今最も"旬"なモデルが T902ASだ。

<キャノンボールサックス> 
キャノンボールはアメリカのブランドで、1996年、ラウカット夫妻によってその歴史がはじまり、現在日本はもちろん、世界各国でファン層を広げている秀逸なブランドです。 既存各社の設計やスタイルを参考にしつつ、持ち前の美しいデザインはもちろん、より太いサウンドと扱い易さを追究した上で完成されたモデルを次々に発表しています。 サウンドとプレイアビリティーに妥協を許さず、ネックの内側を丁寧にそれぞれ手作業で加工し、音程・音色の調整をおこなっています。音へこだわり、鳴らし易さにこだわり、飽くなき追求を続けるメーカーの意気込みが感じられるブランドです。

<アンテグアサックス> 
1950年代に誕生し、1991年にテキサス州サンアントニオで正式に発売されたアンティグアウィンズの管楽器。そのずば抜けたコストパフォーマンスと完成度の高さ。第一線で活躍するミュージシャンの方々にも評価が高く、日本でも人気が急上昇。特に、初心者の方へサックスを教える立場にある講師・先生の皆さんに絶大な支持を受けており、ご自身の生徒さんにはじめて購入するサックスとして勧める、という方も多いようです。セルマー総輸入代理店である野中貿易のプロデュースで、入荷後厳しいチェックを行っていますので、品質も申し分無し!続くかどうかわからないと予算を気にしてサックス購入を諦めていた方も、お手頃価格のサックスに不安を抱いていた方も、これなら安心!!

<イオサックス> 
特にイオはメーカーとしてはJUPITERになるわけですが、昔のJUPITERとは大きく変っています。 ㈱グローバルの開発担当の方々が製品の細かな点に至るまで大幅な見直しを図ったおかげで格段に進歩、改良されました。
そんな流れの中で「プロユースモデルを」との声に応えて開発されたのがイオだったわけです。 JUPITER(木星)の衛星「イオ」からのネーミングです。私が特にイオが良いなと感じるところは音の響きとバランスです。音の響きは素材によるところが多いと思うのですが、イオの金属配合はかなりセルマーのそれに近いのではないかと思うのです。グローバル社がなぜ自社ブランドとして製作せず、
台湾メーカーに作らせたか?・・・ 勿論人件費等のコストの面が主な理由なのでしょうが、日本の工業製品にはJIS規格というものがあります。サックスもりっぱな工業製品ということになりますからこの規格をパスしないといけないわけですが、このJIS規格においてサックスの地金である「真鍮」の金属配合(銅と亜鉛)がある程度定められているらしいのです。と言う事は国産のサックスの金属配合は実は皆似たり寄ったりになるわけで、その音色も似たり寄ったりになってしまいます。グローバルの開発人はこの金属配合(つまり音の響き、成分)をセルマーに近づけるため…といって語弊があれば理想の響き(倍音の含まれ具合や音質、音色)に近づけるために台湾で造り、それを輸入するという形を取ったわけです。

<ボガーニサックス
ボガーニは創業1872年の伝統あるイタリアのサックスブランドです。多くのメーカーが大量生産に以降して品質を落とす中、ボガーニは、創業以来一本一本を完全ハンドメイドで仕上げることにこだわっています。 
「ジョーロバーノ氏のコメント」・・・ 「音楽は生命の息吹だ。カスタムメイドのボガーニには、一音一音に喜びの音が聞こえる。パールシルバーのボディと24Kのゴールドプレートキーのおかげで、想像を絶するような広いダイナミックレンジで暖かく、鮮やかなサウンドが得られる。ボガーニに心から感謝したい。今まで吹いた現行モデルの中で、最も美しく、パワフルで、深いサウンドをもったサックスだ。このモデルが大好きだ!」 世界トップクラスのテナー奏者。複数のグラミー賞を受賞者、ダウンビートマガジンで最優秀賞に輝く。ジョーロバーノ氏は、1999年からボガーニのジョーロバーノモデルを使用し、多くのレコーディングを行い、2001年にはグラミー賞を受賞。

<パトリコラ社> 
イタリア北西部の中心に位置するアレッサンドリアで、職人気質のパトリコラ3兄弟によって作られているイタリアンオーボエ。明るい音色とスムーズなキーアクションが特長。昔ながらの手法を踏襲し全ての加工を自社内で行う徹底した生産管理。そのクオリティは世界中から評価されている。

<ブルゲローニ
北イタリアに工房を構えるブルゲローニ兄弟により製作されている。早くからコンピュータによる公定制御や、「ロストワックス」という鋳造技術をキィ部分に導入することによりコストを抑え、低価格化を実現している。しかし手抜きは一切なく、耐久性の良さ、安定した音程、温かみのある音色は使用した人たちから称賛されている

<ラウビン 社>
1931年、アメリカで創立されて以来、現在までに製作されたオーボエは2500本足らずと言われている。これはプロの為だけにオーダーで製作している自負の現れである。小さな工房で作られているオーボエは、クラシックな風貌をしており、その音は神秘的。何年も待つ価値のあるオーボエとなっている。

<ロレー社> 
1881年、フランソワ・ロレーがパリに工房を設立。1902年に息子のルシアンが工房を引き継ぎ、数々の革新的技術を生み出す。その最たるものが現在のオーボエの原型「コンセルヴァトワールシステム」で、1906年には全世界で使用されるようになる。1974年、キャバール社を引き継ぎ、正確な音程と高い品質を誇るスチューデントモデル「キャバール」を製作、また、子供が練習できるオーボエが欲しいという要望により「キャバール・プチ」を開発。1989年には最高傑作である「ロイヤル」が製作され、その誕生とともにロイヤルはオーボエ奏者の憧れの的となる。伝統と先進的技術を融合させたオーボエは究極的な美しさを保っている。音程補正などは最新のテクノロジーを使用し、最終的な仕上げを手作業で行うスタッフには継続的なトレーニングを行うなど、厳密な品質管理がなされている。

<ピュヒナー> 
1897年ヴィンツェンツが創業して以来、親子4代にわたり受け継がれてきた伝統と品質向上の精神。現在も国内外の様々な音楽院で演奏者に対し実践的なアドヴァイスを実施している。ピュヒナーの歴史に一貫して木管楽器奏者との情報交換こそが新たな発展につながっているといえる。楽器の品質向上の為の提案に対し耳を傾ける根本的な哲学により、世界中の著名な演奏家から愛され続けている

<リグータ> 
1922年、シャルル・リグータが創業、ローランド、現社長のフィリップと親子三代に渡りオーボエ製作を続けている。1951年、ブリュッセルの国際博覧会において名誉ある賞を受賞し、その後も数々の栄誉を獲得、世界の一流演奏家に愛用されている。常に配慮しているふくよかであたたかい音色は、デルフィーヌやリークなどのスチューデントモデルから、様々なボアオプションが特徴のプロフェッショナルモデルまで、随所に顕れている。

<ヨーゼフ>
ベルリンのオーケストラでオーボエ奏者として活躍していた仲村幸夫氏が理想の音色を追い求め、演奏者から楽器の作り手へと転身。帰国後、埼玉県に「ムジーク・ヨーゼフ」を設立し、オリジナルのヨーゼフ・オーボエが完成したのは1991年。2007年に出身地である沖縄県へ移転し。日本国内では唯一のオーボエ専門メーカーであり、演奏者の立場にたった楽器製作の評価は世界中で高まり、国内外の一流オーケストラ奏者から信頼を得ている。製作本数が限られているため、流通数は少ない。

<シャイアーズ社> 
アメリカ・ボストンに工房を構えるS.E.シャイアーズ社がトランペットの発売を開始しました。代表スティーブ・シャイアーズは自身がプロのトロンボーン奏者でもあることから、これまで主にトロンボーンを世に送り出してきました。しかしながら、かつてシルキー社でトランペットのベルを製作する職人として研鑽を積んだ経験もあり、創業当初よりトランペットの製作を構想していたといいます。2007年にS.E.シャイアーズはトランペットの開発を本格化。この当初から名手ドク・セヴァリンセンが事実上のアドバイザーとして開発に大きく携り、トップ奏者ならではのノウハウや所有していた希少性の高い膨大な数のヴィンテージ楽器を資料として余すところなく提供しました。数多くの試作・プロトタイプを経て、トランペットが完成。シャイアーズの夢はついに実現しました。
トロンボーンと同様に全てのパーツは自社の工房で徹底したハンドメイドによって製作。アメリカはもちろんのこと、世界各国からの注文が殺到しているため、現時点では納期6~7ヶ月を要する状況が続いておりますが、その高いクオリティーは大好評を博しており、ジャンルを問わず高評価を受けております。全てのミュージックシーンに通用する新たな銘器の登場です。

<ハンスホイヤー社>
ハンスホイヤー(Meister Hans Hoyer) は、ドイツの管楽器メーカーB&Sが製造している。以前は旧東ドイツに国営工場が使用していたブランド名です。ハンスホイヤーの名前の由来は国営工場でホルン製造部門の部門長を務めていた人物です。ドイツ統一後はJA Musik(2009年5月にB&Sに社名変更)の傘下に入って近代的な設備で楽器を製造するようになり、品質は改善されている。楽器の製造に工作機械を多く用いる事で低コスト化を図っており、ドイツ製ホルンの中では比較的安価である。日本国内でハ、ヤマハミュージックトレードが代理店となって輸入販売している。ハンスホイヤーブランドのホルンについても同様で、かつての自社オリジナルの管体デザインによる製品に代わり、コーン、ガイヤー、シュミット、パックスマンなどのメーカーを参考にしたモデルを開発している。

<楽器を手放すタイミング>

ドレミ楽器が実際に楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)があったのかをまとめています。 中古楽器を売りたい方へ

<ヤマハ社> 
明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている。

<セルマー社>
1885年セルマーのパリ社は設立されました。クラリネット&サクソフォンで数々の名器を製作してきました。 現在ではサクソフォンがビギナーからプロ演奏家まで世界中のアーチストに愛用されています。特に現在にサクソフォンSA80 SERIEII(スーパーアクション80.シリーズII)やSERIE III(シリーズIII)は人気が高いです。サクソフォンといえばセルマー・パリ、クラリネットでは「オデッセイ」や「プリヴィレッジ」はプロ奏者や学生からも高く評価されているモデルです

<ビュッフェクランポン社>
1825年、木管楽器の専門工房としてパリに誕生。1839年にベーム・システムのクラリネットを開発、クラリネットで有名なメーカーのイメージだが、サクソフォンやオーボエなどもその歴史は古い。現在はシュライバー社やユリウス・カイルヴェルト社を買収し、様々な木管楽器を作り続けている。また近年はアントワーヌ・コルトワ、ベッソン、B&S、シェルツァー、ハンスホイヤーなどの金管楽器ブランドも傘下に収めている。

<ホルトン社>
有名なジョン・フィリップ・スーザ・バンドの首席トロンボーン奏者だったフランク・ホルトンが、1898年シカゴ・マジソンストリートのビル3階に2室の楽器店を開業、トロンボーン用のスライドオイル、 フォーミュラエレクトリックオイルを発売。今日ではあまりにも有名なホルトンオイルは、100年間ベストセラーを続けている。ホルトンの設計する斬新なデザインの金管楽器は多くの奏者から愛用された。金管楽器の総合メーカーとして世界中に広く知られるホルトン社は、2004年8月、アメリカの管楽器メーカーとして最も長い歴史を誇るConn-Selmer社(旧・Selmer USA)に 経営権を譲渡し、より一層の発展を目指している。

<アレキサンダー社>
今日では世界中の音楽を愛する皆様が、アレキサンダーと言う名が他を凌駕するほどに圧倒的な存在感を持った楽器であると感じて下さっています。それはきっと我々の哲学、つまり楽器製造における強い情熱と豊かな経験をもととした品質へのこだわり、そしてより優れたものを目指す飽くなき探求心を音楽家の皆様が共感して下さっているからだと思います。
2007年に創業225周年を迎えたアレキサンダー社の歴史は、常に技術力の革新とともにありました。特に過去100年に渡っては、ホルン製造の分野で、常に先頭に立って新しいアイディアを取り入れてきました。その最も重要な革新と言えるものが1909年に独自のロータリー形状がパテントを取得したモデル103の開発でした。今日ではモデル103は世界中の著名なソロ奏者、オーケストラ奏者に愛用され、世界で最も有名なフルダブルホルンとして存在しています。その美しく輝かしい音色が過去数十年のホルンの世界を形作ってきたと言っても過言ではありません。 
日本における我々の歴史は1937年に日本楽器製造(現・YAMAHA株式会社)との間で行われた取引まで遡ります。このような長年に渡る関係は、お互いの信頼関係、プロフェッショナリズム、そして我々と同じく楽器に対する強い情熱が無くては決して成り立ちません。それゆえに現在、ヤマハミュージックジャパンが我々の世界でも最も良きパートナーとして、日本の音楽家に対して大きな情熱を捧げていることに驚きはありません。この協力関係によって可能な限り高いレベルで、これからも音楽家に幸せを提供出来るよう前進を続けていきたいと思います。 

<クーリア社> 

Curia社はHornの製作からスタートし、現在ではロータリートランペットの製作も行うドイツの新しいメーカーです。ロータリートランペットは主にバンベルク交響楽団トランペットセクションのアドバイスを取り入れながら今までとは違うコンセプトで楽器を製作しています。現在では、ウィーンのオーケストラ奏者にもアドバイスを受けており、さらに進化し続けています。楽器の仕様などについては、マイスターのもとで下記の解説を受けました

<ウィルソン社>
ウイルソン社では、研究開発のために世界のトッププレイヤーとの綿密なコンタクトを大切にしています。それは、現代のプレイヤーの要望に応えられる、パーフェクトな楽器を提供するためにはとても重要であると考えているからです。
モデル220シリーズは、フリッツ・クルスペ氏の伝統的なデザインを進化させて生み出されたモデルです。管のテーパーと設計に関して研究、開発した成果である正確な音程、ウイルソンホルンすべてのラインナップに採用されているROTAX(R)バルブの効果は、限りなくロスの少ないエアーシステムであの、クイックかつなめらかなレバーアクションを実現しています。音響的にも技術的にも完璧を追求したこのホルンにより、音楽を奏でることを再発見し全ての聴衆を魅了することでしょう

<ヴェンツエル・マイルソン社>
ヴェンツェル・マインル・フレンチホルンは、フォクトランド地方の熟練マイスター達の手により生まれました。多くの作曲家や奏者がこの世にすばらしい遺産を残していく中で楽器は時を重ねるごとに進化し続けてきました。「伝統と歴史と進化」ヴェンツェル・マインルは長い音楽の歴史と共に精巧なメカニズム、優美なデザイン、高品質の素材全てを調和し完成されました。

<パックスマン社> 
1985年に亡くなるまで戦後のパックスマンホルンの設計を担当したリチャ ード・ミアウィザーと名工ロバート・パックスマン。この優れた二人のコ ンビは世界のホルン奏者のあいだで伝説的な存在だった。 
パックスマン 主要モデル紹介 
イギリスのホルンメーカー、パックスマン社は、世界のホルンメーカーの中でも独自の地歩を築いてきた。創業は今世紀のはじめ、ハリー・パックスマンによるとされているが、戦後の1945年ごろから有能な技術者だったロバート・パックスマン(写真)がホルンを本格的に制作しだした。
当時の年産は約12本デニス・ブレインと親交が深かったロバートは、ブレインの求めに応じて、彼がそれまで使っていた楽器のコピーを作ったりしている。 最初、パックスマンはドイツタイプのホルンを制作していた。50年代に入ると、ロバートはもちまえの好奇心と研究心を発揮しだす。ちょうど同じ時期、ロンドンに一人のホルン奏者がオーストラリアから渡ってきた。シドニー交響楽団でホルンを吹いていたリチャード・ミアウィザーである(写真)。彼はイギリスでフリーランスの活動を行いながら、とくにデスカントホルンに興味を抱き、一人で研究していた。デスカントホルンじたいは、20世紀中頃からいろいろ試作されていた。が、ミアウィザーを満足させるものはなく、彼は新しいタイプのデスカントホルンを図面に書いてみてはいろいろに思いを巡らせていた。そんなメルウィザーが、ある日、ロバート・パックスマンの門を叩いたのである。当時、高音域用ホルン開発の要望は年々高まっており、デニス・ブレインもデスカントホルンには大きな興味をもっていたという。ブレインの刺激もあってロバートはミアウィザーと一緒にデスカントホルンの開発に没頭するようになる。二人は当時のほとんどのデスカントホルンは管テーパーに欠陥があることを見抜き、1959年新しい設計のもとに最初のシングルfデスカントホルンを制作した(すでにブレインはこの世にいなかった!)。この楽器はプレイヤーたちから高く評価され、この成功に気をよくした二人は同年、F/ハイf、続いてBb/ハイfのダブルデスカントホルンを開発した。

<クルスペ社>
クルスペ・タイプ :おそらく1900年代ぐらいにクルスペはA.ホーナー(アメリカのホルン奏者1877~1971!)によって採用され、彼がデザインしたホルンをホーナー・モデルと呼び、これがクルスペタイプと呼ばれます。ついでにいうとホルトンのファーカス・モデルはクルスペのモデル・フリッツを参考に設計されたものだと聞いたことがありますが、クルスペのカタログを見るとあまり似ていません(?)真偽のほどをご存じの方がおられればご一報ください。 
ホルンの設計の傑作、だと思います。なぜかというと改良クルスペ巻きで(写真の楽器は改良クルスペ・タイプ)はチューニングスライダーが4つあり、音程調節だけでなくどのスライドで調整するかによって音色のコントロールも可能(なはず・・)であることですね。おそらく設計としてはひじょうに完成されており、ほとんど改良の余地はないのではないかと思います。ベルはラージベル、エキストラ・ラージベルのものがあり、太い音を出しやすいと思います。マウスパイプはそのチューニング機構から短めになります

<マリゴ 
社>
1935年、ストラッサー、マリゴ、ルメールの3人によってストラッサー・マリゴ社が設立された。当時オーボエだけでなく、様々な管楽器を製作していた。1975年には「マレーヌ」社を買収したが、1981年からはオーボエとクラリネットの製作に専念し、とりわけオーボエは世界60ヶ国以上の有名オーケストラ奏者たちに選ばれるトップブランドとして、押しも押されもせぬ地位を得ている。 
2007年6月、1975年以来マリゴの極東総代理店であった野中貿易株式会社が「MARIGAUX sas」を買収。マリゴ社と野中貿易、両社のアイディアと技術力が結集され、世界の演奏家・愛好家の厳しい要望に応える楽器が世に送り出されており、「マリゴ」は世界で最も著名な管楽器ブランドのひとつとして知られ、長きにわたって世界の偉大な演奏家たちと共に!

<オスカーアドラー社>

1885年、ドイツのマルクノイキルヒェンで設立。創業100年を越すアドラ−社だが、2000年にメーニッヒ社と合併し名匠ル−トヴィヒ・フランク氏が技術部門の責任者として経営に参加。新たな魅力が加わり、成長し続けている。

<メーニッヒ社>
1875年、ドイツのマルクノイキルヒェンに設立された木管楽器工房。永年マイスターの手作りで製作されてきたオーボエとファゴットには定評があり、ヴァイオリンの木工加工でも有名な同地ならではの伝統を活かした精緻な作りが特徴である。木材本来の特質を引き出したその管体が生み出すストレスのない甘美で美しい音は、オーケストラの弦楽器と違和感なく融合すると評価されている。 
2000年に同じマルクノイキルヒェンでダブルリードを製作してきたアドラー社と合併。両者の持つノウハウを活かして、伝統の音色を守りながら、現代のニーズに適合するような新製品を発表するようになった。 素晴らしい関係を築いている。

<アントワンヌクルトワ社>
Antoine Courtois(アントワンヌ・クルトワ/旧称:コルトワ)は、1789年から続いてきた父のワークショップを引き継ぎ、1803年に会社として創業したAntoine Courtois社はコルネット、トランペットやトロンボーンの生産に乗り出す。 彼が当時製作した楽器は国立音楽院によって保管されています。 その後父に引き継いで以後6代も世代交代しながら色々な楽器を製作してきたクルトワ社はフランスのみならずヨーロッパ全域に金管総合メーカーとしてその名が知れ渡るようになりました。1994年クルトワ社はドイツ資本に移りましたが、2006年ビュッフェ・クランポン社により再びフランス籍に戻りました

<シルキー社> 
シルキーは最高の楽器を作るために熟練した職人の手によってパーツ1つ1つまで自社一貫生産しています。これは、すべてのパーツにおいて最高のレベルを求めるためです。シルキーは組立治具や流れ作業のライン、酸性の溶液などは用いません。このため1本のシルキーが出荷されるまでには、熟練工の膨大な作業時間がかかるのです。シルキーは創業以来すべての製作に一切の妥協を許しません。

<カンスタルスタル>
Zigmant Kanstul (ジグマント・カンスタル)、 ジグマント・カンスタルはオールズ、ベンジ、キング、べッソン等、著名な金管楽器の設計と製造を手がけてきた人物です。カンスタル・ミュージカル・インストゥルメンツを創設してからは、自らの名前 “カンスタル” を冠した、技術的にもその音においても革新的な製品を生産し続けています。半世紀にもおよぶ彼の経験とリーダーシップが生み出す最高のハンドメイド楽器こそ、その名を語るに相応しいものなのです

<キング社> 
音楽をこよなく愛したキング創業者ヘンダーソンN.ホワイトは、アメリカ・クリーヴランドで楽器リペアショップをおこし、 ライシム歌劇場オーケストラ首席トロンボーン奏者のトーマス・キング氏と意気投合し、新しいトロンボーンの設計に没頭します。 リペアマン・演奏の立場から様々なアイデアを提案しあい、試行錯誤の結果、遂に、革新的なスラ イドアクションを備えた 素晴らしいトロンボーンの開発に成功しました。ホワイトは、このモデルを、友人のキング氏への敬愛の念をこめ 「キング」トロンボーンと命名しました。
この「キング」トロンボーンはたちまちのうちにクリーヴランドで大評判となり、ほどなくしてアメリカ国内で最もポピュラーな トロンボーンとなりました。 この成功により素晴らしいアーティストとの親交を更に深めるにつれ、彼らにふさわしい素晴らしい楽器を創り上げようという 気概がふくらみ、若きホワイトは次々にコルネット、トランペット、ホルン、バリトン、ユーフォニアムと楽器の開発・製作に 邁進していきます。

運営会社
有限会社 ドレミ楽器

〒456-0051
名古屋市熱田区四番2丁目1番12号
TEL:052-653-6676
【定休日:日曜・月曜日】
営業時間:AM10:00~PM5:30分
フリーダイヤル:0120-053-215
FAX 052-654-1980

愛知県公安委員会 古物商認可
第541190A24600号 加藤信義